プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『カメ止め』上田監督、3時のヒロイン福田&Aマッソ加納&ラランドサーヤの演技を絶賛「女優をやれる」

短編映画『ウワキな現場』製作会見に参加した(左から)上田慎一郎監督、加納(Aマッソ)、福田麻貴(3時のヒロイン)、サーヤ(ラランド) (C)ORICON NewS inc.の画像

短編映画『ウワキな現場』製作会見に参加した(左から)上田慎一郎監督、加納(Aマッソ)、福田麻貴(3時のヒロイン)、サーヤ(ラランド) (C)ORICON NewS inc.

 テレビ朝日で放送されているバラエティー番組『トゲアリトゲナシトゲトゲ』(毎週月曜 深2:16~2:36)から生まれた、『カメラを止めるな!』(2017年)で一世を風靡した上田慎一郎監督の最新短編映画『ウワキな現場』が、動画配信サービス「TELASA(テラサ)」で独占配信中。このほど、完成披露会見が開催され、“主演”の福田麻貴(3時のヒロイン)、加納(Aマッソ)、サーヤ(ラランド)が出席した。

【写真】上田監督が演技を絶賛した『トゲトゲ』トリオ

 福田、加納、サーヤの3人が主演するショートムービー・プロジェクト。当初は“等身大のラブストーリー”を希望していた3人だが、上田監督が選んだのは“恋愛サイコホラー”寄りの物語。しかも、上田監督の真骨頂としてどこまでも二転三転する物語を展開する。恋愛の相手役は、浅香航大が務める。

 番組スタートから半年以上経過し仲も深まっている中で、劇中ではあるがお笑いトリオを組んだ3人。福田は「普段のトリオと全然、毛色が違う。自分っぽい人が3人いる。この3人やったら、もっとストイックにネタをやっているんやろうなって」と話す。トリオ初体験となった加納は「ツッコミで真ん中は初体験。トリオの真ん中って狭かった…。絶対に嫌。目線も難しいし、めっちゃ忙しかった」とボヤキた。サーヤは「私は、ゆめっちを意識して、いろいろ勉強した」と小ボケをはさみ、2人からツッコまれると「トリオは向いてないなと思いました。普段、キャラの濃い2人を統率してる麻貴さん、スゴいなって思いました」と驚いていた。

 撮影をした上田監督は3人に女優としての才能を感じ「三者三様の魅力がある。サーヤさんは憑依型。まとう空気が変わる。普段ではない、別人になっている感じ。めちゃくちゃ女優向き。見つかるぞ、と思う」と絶賛すると、喜びのサーヤは「今のところ、太文字にしてください!」とおねだり。加納が「今の『太文字にしてください』を太文字でお願いします」と重ねると「その前です! なんで欲望のところを…」とツッコんだ。

 上田監督は福田についても「普段はツッコむところを気持ちを抑えて我慢する受けの芝居が、あまり見られないのでファンとしてもうれしかった。新鮮で。絶妙な塩梅も、ココっていうところ通してくれる。スゴいよかった」と高評価。加納についても「演技のオンオフがわからないぐらいナチュラル。ほかの人が話している時とかに芝居を止める人もいるけど、間が常に埋まっている。やりすぎても、やらなすぎてもダメ。そこを言う時が多いんですけど、あまり調整することがなかった。ほしいところを突いてくる」と称えた。最後は「3人とも、女優をやれると思う」と褒め言葉を惜しまなかった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ