プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

杉浦太陽、自分を磨き上げたミセスを絶賛「旦那も自分を磨こうと思う」 妻・辻希美にも大会参加勧める?

『2021 ミセス・グローバル・アース 日本大会』各賞グランプリと杉浦太陽 (C)ORICON NewS inc.の画像

『2021 ミセス・グローバル・アース 日本大会』各賞グランプリと杉浦太陽 (C)ORICON NewS inc.

 『美しさ、きれいさ』などを発信する『2021 ミセス・グローバルアース・ジャパン』の日本大会のグランドファイナルが8日、都内で開催された。

【ソロショット】『2021 ミセス・グローバル・アース』各賞グランプリ7名

 コンセプトは、芯のある女性の美しさ。本当の意味での『美しさ、きれいさ』を、大会を通じて発信する。20歳から29歳の婚姻中、もしくは結婚歴ありの女性から選出する「サファイア部門」は小塚真優さん(27)、30歳から39歳の婚姻中、もしくは結婚歴ありの女性から選出する「トパーズ部門」は日比野衣亜さん(31)、40歳から49歳の婚姻中、もしくは結婚歴ありの女性から選出する「エメラルド部門」は市村昌枝さん(44)、50歳から59歳の婚姻中、もしくは結婚歴ありの女性から選出する「ガーネット部門」は糸瀬直子さん(54)60歳以上の婚姻中、もしくは結婚歴ありの女性から選出する「パール部門」はヘイズ翔子さん(62)、29歳から39歳の独身者の「ルビー部門」は、大関さおりさん(31)、40歳以上の独身者の「アメジスト部門」は黒元美希さん(40)がグランプリに輝いた。

 この日の司会を務めた杉浦太陽は「本当に皆さん、内面だけじゃなくて外見も磨いていらっしゃる」と驚く。そして「あと、まだ第2回なんですけど『ミセス』という大会は大事だと思う。いくつになっても女性は輝いていいんだよ、とたくさんの方に勇気を与えたと思う」とすると「うちの妻は20歳で結婚していますので、20歳から『ミセス』。結婚してミセスになっても女性はキラキラしたいんだ、と。帰って、すぐ妻に伝えようと思います」とにっこり。妻がキラキラすると、こんな効果も。「自分磨きをすると、旦那も自分を磨こうと思う」と笑顔。「子どもたちも、かわいいママがかわいいとうれしいと思う。そういう機会を与えてくださった大会に感謝していますし、これからもずっと続けてほしい」と大会に意義を感じていた。

 また、妻・辻希美の参加については、高身長の女性が受賞者にそろったため「身長が足りないかも。ミニモニサイズなんで」と苦笑い。ただ、パール部門のヘイズさんが「身長制限ないです。私もミニモニサイズです」と明かすと、杉浦は「そうなんですね! 声かけときます」と笑っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ