プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

キンプリ神宮寺勇太、初主演舞台開幕 岸優太から激励「心強かった」

岸優太から激励されたというKing & Prince・神宮寺勇太 (C)ORICON NewS inc.の画像

岸優太から激励されたというKing & Prince・神宮寺勇太 (C)ORICON NewS inc.

 人気グループ・King & Princeの神宮寺勇太が8日、東京グローブ座で上演される舞台『葵上』『弱法師』(-「近代能楽集」より-)の公開ゲネプロ後取材会に参加した。初の単独主演舞台でストレートプレイに挑戦。神宮寺は「僕自身のこういう姿をみなさんに見ていただくのは、なかなかないので足先から頭の上まで堪能してほしいです」と胸を張った。

【ゲネプロ写真】うしろから…中山美穂を優しく抱きしめる神宮寺勇太

 今作は全8編の短編戯曲からなり、国内外からの評価を集める三島由紀夫の代表作『近代能楽集』の2篇を連続上演。神宮寺は『葵上』で美ぼうの青年・若林光、『弱法師』では戦火で視力を失った二十歳の青年・俊徳を熱演。「本当にみなさんにご迷惑をおかけしていろいろな方に支えていただきながらレベルアップさせていただきました。一人だと立ち向かえないくらいの難しい大きな壁という印象がありました」と振り返った。

 同席した演出家の宮田慶子氏からは「『役をまとう』とよく言うじゃないですか。『役をまとってステージに出るのではなく、役を食べちゃえ』って(言われた)。自分のなかに落とし込んで発する言葉だんだなと。『食べちゃえ』という表現が新しく僕のなかで印象に残っています」と難役も見事、自分のものにしてみせた。

 長セリフも多いことから「本当に覚えられる自信がなかった」と苦笑。共演の中山美穂とともに2作品を続けてヘビーな役柄を演じるが、宮田氏から「この2人なら大丈夫だと」と信頼を寄せられ。神宮寺は「夜も眠れなかったです。最初の頃は、これを自分が覚えられるのかと。たくさんけいこを重ねていただきありがたかったです。自分に落とし込む時間があったので。読む。これに尽きます。ひたすら読んで暗記です。現場ではやらないので、誰かがいると集中力が減ってしまう」と一人で黙々と覚えていったそう。

 メンバーには「どうやってセリフ覚えるか、改めて聞いたり、普段はあまりメンバーには聞かないんですけど。でも、みんなは『リズムで覚えちゃいな』とか言っていただいたりとか、家で覚えてるとか…」とか助言を受けたそうで「岸(優太)くんは『大丈夫、神宮寺ならできる』って言ってくれました。心強かったです。その言葉は胸に残っています。絶対に見に来ると思います」と心待ちにしていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ