プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画動員ランキング:TOP3は新作『エターナルズ』『すみっコ』『何食べ』

『エターナルズ』(公開中)初登場1位(C)Marvel Studios 2021の画像

『エターナルズ』(公開中)初登場1位(C)Marvel Studios 2021

 最新の全国映画動員ランキングトップ10(11月6日・7日、興行通信社調べ)が発表され、マーベル・スタジオ映画『エターナルズ』が土日2日間で18万4396人を動員し、興行収入約2億9356万円をあげて1位スタートを切った。

【画像】2位『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』以下の作品

 『エターナルズ』は、今月5日に全国372館/810スクリーンで公開され、オープニング3日間で興収約4億1572万円、動員26万4758人を記録。『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)のその後を描いた作品だが、登場するキャラクターなどは一新。7000年にわたり人智を超えた力で人類を密かに見守ってきた10人の守護者〈エターナルズ〉の活躍を描くヒーローアクション大作。出演はジェンマ・チャン、リチャード・マッデン、クメイル・ナンジアニらに加え、アンジェリーナ・ジョリー、本作でハリウッドデビューを飾ったマ・ドンソクら。監督は『ノマドランド』でのアカデミー賞受賞も記憶に新しいクロエ・ジャオ。

 2位には、土日2日間で動員17万2000人、興収2億1100万円をあげたサンエックスの人気キャラクターを主人公にしたアニメ映画『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』が初登場。ファミリー層を中心に集客し、初日から3日間の累計では動員約20万人、興収約2億5000万円を突破し、2019年に公開されヒットした『~とびだす絵本とひみつのコ』を上回る好スタートとなった。前作に引き続き、井ノ原快彦と本上まなみがナレーションを担当。監督は「夏目友人帳」シリーズを手がけてきた大森貴弘が務めている。

 『劇場版 きのう何食べた?』は、土日2日間で動員約10万人、興収約1億4500万円をあげ3位でスタート。よしながふみによる人気コミックを原作に、西島秀俊と内野聖陽が同性カップルを演じて大ヒットしたドラマの劇場版。主演の2人、山本耕史、磯村勇斗らドラマのメンバーに加え、SixTONESの松村北斗が出演。監督はドラマ版も手がけた中江和仁。

 ほか新作ではジェニファー・ハドソンが、ソウルの伝説的歌姫アレサ・フランクリンを演じた『リスペクト』が10位にランクイン。共演はフォレスト・ウィテカー、マーロン・ウェイアンズほか。監督はリーズル・トミー。

 先週3位でスタートを切った『そして、バトンは渡された』は今週4位、首位でスタートの『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ-星なき夜のアリア』は5位、2位でスタートの『老後の資金がありません!』は6位となった。

■全国映画動員ランキングトップ10(11月6日・7日)
1(NEW)エターナルズ(公開週1)
2(NEW)映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ(1)
3(NEW)劇場版 きのう何食べた?(1)
4(3↓)そして、バトンは渡された(2)
5(1↓)劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ-星なき夜のアリア(2)
6(2↓)老後の資金がありません!(2)
7(4↓)映画トロピカルージュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!(3)
8(6↓)燃えよ剣(4)
9(7↓)007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(6)
10(NEW)リスペクト(1)
※11(8↓)マスカレード・ナイト(8)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ