プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ベッキー「ダメダメだったんです…ごめんなさい」 親友・千秋と“10年ぶり再会”にファン感動

(左から)ベッキー、千秋(C)ORICON NewS inc.の画像

(左から)ベッキー、千秋(C)ORICON NewS inc.

 タレントの千秋(50)が5日、自身のYouTubeチャンネル『千秋の歌YouTube』を更新。「千秋の部屋」第2弾として、友人のベッキー(37)と本格対談し、2人の間に一時期わだかまりがあったことを明かした。いつも一緒に遊ぶ関係だったのが、約10年前にぱったり会わなくなったという。ベッキーが当時を振り返り「本当にごめんなさい」と涙ぐんだ。

【動画】千秋&ベッキーが10年ぶりの“再会” 30分のロングトーク

 台本なしで30分に及ぶ女子トーク。2000年代に千秋、千秋の娘、ベッキーの3人でユニット“ティラミスプリン”を組んでいたことなどを振り返るなか、千秋が「(ベッキーが)このYouTubeに出てくれることになったのは、10年以上経って再会したからだよね」と切り出した。共通の友人・若槻千夏(37)の洋服展示会がきっかけで再会し、今回の共演が決まったという。ベッキーは「番組で共演とかはあったけど、ガッツリ会ったのは久々」と明かした。

 千秋が「昔いっぱい遊んでたじゃん。途中からパタッと遊ばなくなったじゃん」と言い、「私、失恋したみたいな気持ちになったの。(当時を)覚えてる?」と語りかけると、ベッキーも「なんとなく覚えています」と回顧。千秋には「仕事のギアを一段上げるので遊べなくなる」と連絡があったそうで、ベッキーは「私、(そんな失礼なこと)言いました?」と後悔した。

 ベッキーは「ときどき遊べるのかなと思ってたら、ぱったり遊ばなくなったから、私が嫌なことをして嫌われたのかなってずっと思ってたの」と告白。ベッキーは「それはないです」と否定し、「2009年の3月に本を出すことになって、本当に全力を注ぎたいと思って。(会えない理由を)伝えたっていうことにびっくり。傷つけてたんだ…。私、本当に人としてダメダメだったんです、その時期。泣きそう…、ごめんなさい」と懺悔。

 さらにベッキーは「真面目すぎたのか、プライベートの時間を削れば削るほど仕事で良い結果がでると思って、そんな失礼なことを言ったのかも」と説明。千秋は「失礼ではなかったよ」とやさしく応え、「わだかまりがとれた」と安堵の顔を見せると、ベッキーも「ごめんなさいを伝えられてよかった」とホッとした表情。千秋は「私もごめん。大人なんだから失恋したとか思わずにちゃんと言っておけばよかった」と振り返り、「これからも仲良くしてください」と息のあったトークを繰り広げた。

 ファンからは「気になってたから本当に良かった」「私も気になってたから今日知れて良かったです」「なんか感動した」などと、2人の再会を祝福するコメントが寄せられている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ