プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

藤本美貴、息子の骨折気づけず反省「『大丈夫だよ』って言ってごめんね」

息子の骨折に気づけず反省したと語った藤本美貴 (C)ORICON NewS inc.の画像

息子の骨折に気づけず反省したと語った藤本美貴 (C)ORICON NewS inc.

 タレントの藤本美貴(36)とアーティストのデーモン閣下が8日、厚生労働省で行われたイベント『上手な医療のかかり方特別トークセッション』に登場した。

【全身ショット】美脚がチラリ…辛子色のワンプースを着こなす藤本美貴

 厚生労働省では、病院・診療所にかかるすべての人と、国民の健康を守るために力を尽くす医師・医療従事者のため「上手な医療のかかり方」プロジェクトを推進している。この日は、コロナ禍を経て考える「上手な医療のかかり方」についてトークセッションが行われた。

 「上手な医療のかかり方」大使を務めているデーモン閣下は、コロナ禍の影響もありひっ迫している医療現場の現状を語りつつ、軽度な症状で病院へ行くと「医療機関の医者、従事者の方が疲弊してしまい『このままだとちゃんとした医療を受けられなくなるぞ? ミスが多くなるぞ?』ということを考えるプロジェクトなのである! もう一度、諸君たちに医療というものにちゃんと向き合おう!」と呼びかけた。

 それを受け、藤本は息子とのエピソードとして「長男がスケボーをやっていて、転んで肘をぶつけて帰ってきたことがありました。ちょっと大袈裟な長男なので、(私が)『大丈夫だよ! 痛くないよ』と言って…」と説明。

 しかし翌日、息子のケガは良くならず「次の日も『痛い!』って言うんですよ。『すごく痛い』とうるさいので、病院に連れて行ったら、折れていたんですよ! 折れていた場所もよくなくて、手術も必要だった」とし、「『大丈夫だよ』って言ってごめんね…本当に痛かったんだね…。これはママととーたん(父)が悪いと言った記憶がある」と苦い思い出を振り返った。

 また、子育ての難しさとして「子どもって『痛さ』はどれくらい痛いのか? どこが、どう痛いのか? うまく伝えられないし、小さくなればなるほど、言葉が出て来なかったりするので、難しいなと日々思います」と伝えた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ