プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

長野博も絶賛「違うステージにいる!」 『魔法のレストラン』とカップヌードルのコラボが実現

カップヌードル 魔法のレストランコラボ トマトスープ→担々麺の画像

カップヌードル 魔法のレストランコラボ トマトスープ→担々麺

 日清食品は、毎日放送のテレビ番組『水野真紀の魔法のレストラン』と共同開発した「カップヌードル 魔法のレストランコラボ トマトスープ→担々麺」を3日から10日まで、阪急うめだ本店地下1階ツリーテラスで販売するとともに、「カップヌードル 魔法のレストランコラボ 関西風すき焼きヌードル」を8日から、近畿地区限定で新発売する

【画像】パッケージも豪華…1食で2つの味が楽しめる魔法のカップヌードル2種

 今回、放送20周年を迎えた『水野真紀の魔法のレストラン』のMC、水野真紀からの呼びかけに応え、コラボレーション商品2品を開発した。

 「トマトスープ→担々麺」は、フレンチの巨匠「神戸北野ホテル」の山口浩氏、ミシュラン一つ星の中華「中国菜エスサワダ」の澤田州平氏、ミシュランガイド・ビブグルマンのイタリアン「イル ルォーゴ ディ タケウチ」の竹内啓二氏との共同開発。香味野菜の旨みをきかせた洋風コンソメトマトスープは、付属の「担々麺セット」を後から加えることで本格中華の担々麺に変化し、1食で2つの味が楽しめる。価格は500円(税別)。

 「関西風すき焼きヌードル」は、三つ星料理人で関西和食界の重鎮「菊乃井」の村田吉弘氏、「祇園さゝ木」の佐々木浩氏、「柏屋」の松尾英明氏との共同開発。タマネギなどの濃縮された野菜の甘みと、牛の旨みが口いっぱいに広がる濃口のすき焼き味スープは、付属の「唐辛子謎肉入り麻辣パウダー」を途中で加えることで、唐辛子の辛さ、花椒 (かしょう) の香りと痺れがきいた“麻辣すき焼き味”へと味わいが変化する。価格は368円(税別)。

 3日から阪急うめだ本店で販売された「トマトスープ→担々麺」は、初日に約500人が列を作り、同日分は即完売。「関西風すき焼きヌードル」も、オンラインでの予約受付が3日に始まるとすぐさま売り切れになるほどの人気ぶりだった。

 同番組の公式Twitterでは「味王・長野くんも『今までになかったカップヌードルの味わいで違うステージにいる!』と大絶賛」と投稿し、話題を集めていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ