プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

冨永愛、板垣季光人の着こなしに太鼓判「いろんなスタイルが似合う」

板垣李光人(左)の着こなしに太鼓判を押した冨永愛(右) (C)ORICON NewS inc.の画像

板垣李光人(左)の着こなしに太鼓判を押した冨永愛(右) (C)ORICON NewS inc.

 モデルで女優の冨永愛と俳優の板垣季光人が8日、都内で行われた『貝印が考える「環境」「未来」「より良い暮らし」』PRイベントに登壇した。きょう“いい刃の日”のを祈念した同イベントでは、冨永が足の長さが際立つレザーパンツの秋色ファッション、板垣がフォーマルなジャケットにフリンジシャツというキュートさをプラスした衣装で魅了した。

【写真】あったら良いなと思うビューティーツールを明かした板垣李光人

 “いい刃の日”にちなみ登壇した2人。冨永は「包丁を新しくしたのですが切れ味がよくて毎日使っています。一番わかり易いのはトマト。つぶれずにサクッといけるのは、気持ちが良いものですね」と笑顔。

板垣は「一人暮らしを最近はじめ、刃物もそろえていくなかでそこまで最初はこだわってなかったのですが貝印さんの包丁と爪切りをいただいたら、クオリティオブライフが格段にあがりました」と実感した。

 きょうのファッションのポイントについて冨永は「色が気に入ってます。秋らしい色。下がレザーで上がもふもふ。黒のベルトでウエストマークして爪も黄色でポップにしてみました」と紹介。あわせてメイクも「衣装の色によってリップの色やトーンを合わせたり、変えています」とこだわりを明かした。

 板垣は「全体的にフォーマルですが、(シャツに)遊び心を入れつつ、刃物がすてきな会社ということでシルバーのイヤリングを付けています。色も落ち着いた秋を感じられるようなものです」とアクセサリーにも注目。冨永は「胸元のフリンジがかわいい。フォーマルだけどカジュアルダウンしているのがお似合い」と太鼓判を押した。

 向きになるためのカルチャーについて「僕いろいろ手広く表現をしているので、いろんなものから幸せをもらっているのですが、一番好きな服を着ているときが快感。きょうは真面目な格好ですが、私服の方がきょうは派手なので、自分の好きな服を来ている時が一番です。服を買いにいくのが一番のストレス発散」という板垣。冨永は「この間別のお仕事のときは全然違う雰囲気で…そのきはカラフルで全然雰囲気が違うから。とてもいろんなスタイルが似合うのでいいな、と」と自由なファッションを楽しむ板垣を絶賛していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ