プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

太田光、選挙特番“ご愁傷さま”発言の真意説明 甘利氏は「あの時点では弱者じゃない」

太田光 (C)ORICON NewS inc.の画像

太田光 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、7日放送のTBS系『サンデー・ジャポン』(毎週日曜 前9:54)に出演。10月31日にTBSで放送された衆議院議員総選挙の開票特番『選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ』の“炎上”騒動を受け、発言の真意を説明した。

【番組ショット】真剣に討論する小川彩佳、太田光、石井亮次

 太田は開票特番で、小選挙区で落選した自民党の甘利明議員に「もし負けたら戦犯ですよね」「ご愁傷さまでした」と言及。二階俊博議員にも「いつまで政治家続けるつもりですか?」と質問し、「今日当選したばっかりで、いつまで政治やるんですかって、失礼だよ!」と怒らせた。これらの発言についてネットでは「態度が失礼」「自分が喋りすぎ」と批判の声が多くあがり炎上した。

 この日の『サンジャポ』ではこの炎上騒動を紹介し、コメンテーターの杉村太蔵は「選挙は命がけでやっているし、あまりも(太田の)話が長い。古今東西の選挙特番MCで炎上したのはあなただけですよ!」と一喝。太田は「無礼ですよね。礼節に欠ける。デビューしてからずっと言われているが、成長できていない」と自戒を込めて反省した。

 甘利氏への“ご愁傷さま”発言が「弱い者いじめ」と言われたことについて、「あの場で茶化しちゃったのは良くない」と認めながらも、「あの時点の甘利さんは、僕は弱者だと思っていない。敗戦濃厚の甘利さんに気持ちを寄せる気配りはできてなかった」と自身の考えを明かした。

 2日に深夜に放送されたTBSラジオ『火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』で、太田は「テクニック不足は否めない」と40分あまりを使い思いを語っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ