プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

SixTONES・京本大我&田中樹、24時間生ラジオ『ミュージックソン』に意気込み「ラジオサンタさんです」

SixTONES・京本大我&田中樹、24時間生ラジオ『ミュージックソン』に意気込みの画像

SixTONES・京本大我&田中樹、24時間生ラジオ『ミュージックソン』に意気込み

 人気グループ・SixTONESの京本大我、田中樹が、7日放送のニッポン放送『SixTONESのオールナイトニッポン サタデースペシャル』(毎週土曜 後11:30)に出演。12月24日の正午から翌25日の正午の24時間にわたって生放送されるニッポン放送特別番組『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』でパーソナリティーを務めることを受け、思いを語った。

【一覧】SixTONESの作品一覧

 田中は「去年はKis-My-Ft2さんと担当しましたが、今年は単独で担当させていただくことになりました。キスマイさんがこれまで3年連続、つなげてきたこの番組。去年はいろいろ教えていただきながら…」と回顧。京本も「キスマイさんにはめっちゃ引っ張っていただいた。わからないことだらけで、24時間何かをやったことなかったから。今年はより気を引き締めて、一人ひとり責任感をもって」と言葉に力を込めた。

 田中は「伝えることも大事だし、聞いてくださる。楽なことではないけど、達成感や充実感があることを、昨年身を持って体験していますので。笑いあり涙ありで走り抜けましたけど。今年も責任感を持ちつつ、僕たちらしく24時間走り抜けられたら」と改めて意気込み。「明るく楽しみつつやれたらいいなと。クリスマスに愛を届けるラジオサンタさんですよ」と呼びかけていた。

 同局では、目の不自由な人たちが安心して街を歩けるように『音の出る信号機』を設置するためのチャリティキャンペーン『第47回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』を、1日から来年1月31日までの3ヶ月間にわたって届ける。

 コロナ禍で迎えた前回、キャッチフレーズに『とどけ、ニッポンエール』を掲げてキャンペーンを展開する中で強く感じたのが、“離れていても、心で繋がっている”ことや、“想いを込めて行動すると、どんな時でも心は動く”ということ。コロナ禍で新しい生活様式を求められ続けるなか、視覚障がい者をはじめとするニッポン全体へ、心を込めてキャンペーンを届けたいという想いを込めて、今年は『ココロのバトン MY HEART YOUR HEART 』をキャッチフレーズに掲げる。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ