プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

DJ松永、急激なブレイクに驚き「望んでいた以上」 今後の目標は「チーム全体で幸せに…」

急激なブレイクへの思いを語ったDJ松永 (C)ORICON NewS inc.の画像

急激なブレイクへの思いを語ったDJ松永 (C)ORICON NewS inc.

 HIPHOPユニット・Creepy Nutsが、“時代の顔”としてムーブメントの先駆けや時代の象徴となった人・モノ・コトを表彰する『anan AWARD 2021』の「ミュージック部門」を受賞し6日、都内で行われた授賞式に出席した。

【全身ショット】シックな衣装で決めるDJ松永

 オールグラビアライフスタイル女性週刊誌『anan』(マガジンハウス刊)が主催する同アワード。受賞者には『時代を象徴するスター』=“時代の顔”として、感謝を込めて『anan』のマスコットであるアンアンパンダにちなみ“金のパンダ”を贈呈された。

 ユニットを代表して登壇したDJ松永は「こんなすてきなアワードをいただけるとは思ってなかったです。そもそもイチHIPHOPのDJなので、DJをやりたくて続けていたら想像しなかったような舞台に立たせてもらった。びっくりかつ、ありがたいなと思っています」と感激しきり。

 東京オリンピックの閉会式に登場するなど、個人としても目覚ましい活躍をみせるDJ松永は「結構、想像もしていないシチュエーションに遭遇している。オリンピックもそうですし、世界大会の成績、テレビやラジオも全部、自分が望んでいた以上のことになっている」とブレークぶりに驚きながらも「これ以上、何かになりたいというのは正直、ないですね(笑)」とマイペースに語る。

 今後の活動について「変わらずいい曲を作って一人でも多くの知ってもらいたいし、いろいろ挑戦はし続けてはいきたいという思いはあります」と意欲を見せつつ「ただ無尽蔵の上昇志向は自分にはないのかな? チーム全体で幸せになればいいなって。自分だけ上がっていっても虚しいだけ。そのときに『あ、スターじゃないんだな』って思いましたね(笑)。どこまでも遠くに行きたいわけじゃないんだなって」と、最後まで飾らないスタイルを貫いていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ