プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『仮面ライダードライブ』チェイス・上遠野太洸、変身ポーズ生披露「泣きそうになった」

『仮面ライダードライブ』トークショーで変身ポーズを披露する上遠野太洸 (C)ORICON NewS inc.の画像

『仮面ライダードライブ』トークショーで変身ポーズを披露する上遠野太洸 (C)ORICON NewS inc.

 『仮面ライダードライブ』の大森敬仁プロデューサーが6日、東京・日比谷周辺で開催中の『第34回東京国際映画祭』(~11月8日)内で開かれた、『仮面ライダー』のイベントに登壇。同作で仮面ライダーチェイサー/チェイス役を務めた上遠野太洸がサプライズで登場した。

【写真】仮面ライダーチェイサーへの変身ポーズを披露する上遠野太洸

 上遠野がサプライズで登場すると大きな拍手が。今もファンが多い同作について上遠野は「5年も経ったんだという気持ちですね。ずっと仮面ライダーをやっていたころは覚えている。去年、俳優を始めて10年だったんですけど、その中でも『仮面ライダードライブ』という作品は特に特に大切」と思いを語っていた。

 残念ながら、イベントに参加できなかったキャストの思い出話を問われると上遠野は「ひょうきんな人が多かった。(竹内)涼真とか特に明るい子だった。更衣室で男性だけの時に下着でポーズを取っていた。俺とか稲葉(友)とかは、それをイジって楽しんでいた」と暴露。ただ「涼真は俳優デビューして初めての大きい作品。1話と最終話の泊進ノ介は別人に見えるぐらい顔が変わっている。ドライブの中で1番成長した人」と話していた。

 大森プロデューサーによると、今も竹内は「仮面ライダー」シリーズを気にかけているそう。「令和の仮面ライダーの『ゼロワン』を始める直前に、たまたま撮影所で竹内くんに会った。『ゼロワン』のデザインを見せながら自慢させてもらった」と裏話を明かしていた。

 この日は参加できなかったハート役の蕨野友也から大森プロデューサーにイベント直前にLINEで連絡が来たそう。「きょうはチェイスに任せます」と伝言を伝えられた上遠野は「ハート見てる~?」と笑顔で画面越しに手を振っていた。

 最後に上遠野は『仮面ライダードライブ』という作品について「役者人生を10年続けてきた中で1番特別な作品。ずっと同じ役をやり通した期間。チェイスという役を、ずっと忘れられない。チャンスがあれば、もう1度、チェイスをとずっと思っています。これからも、僕の中で人生で1番、大切な作品だというのは変わらずに行く。チェイスを忘れず、チェイスの復活を願って、これからも応援、よろしくお願いします」と呼びかけていた。

 変身ポーズ披露することになり、「何年ぶりだろう、緊張する」と照れ。それでもチェイスの口上の後に「変身」と一言。変わらない変身ポーズを披露すると「泣きそうになった」と感慨にひたっていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ