プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『ヴァイオレット』2週連続で世界トレンド1位 感動の声続々「ボロ泣き」「美しい…」

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝-永遠と自動手記人形-」のビジュアル (C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会の画像

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝-永遠と自動手記人形-」のビジュアル (C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

 京都アニメーション制作のアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形―』が5日、日本テレビの金曜ロードショーにて地上波初放送された。放送直後から感想が続々とネット上であがり、先週29日放送の特別編集版に続き、ツイッターでは世界トレンド1位にランクインする盛り上がりを見せている。

【画像】外伝の名シーンがこちら!男前、髪型変化のヴァイオレットちゃん

 先週29日の特別編集版は、放送前から「楽しみすぎる…」「泣ける準備はできています!」などの声があがり、放送10分足らずで早くもツイッターで世界トレンド1位にランクイン。今回の外伝も「子供が泣くのはだめだって…」「ヴァイオレットちゃんが相変わらず美しい…」「ツインテール姿だけで見る価値ある作品!」「もう、ボロ泣きですよ…」などと、感想が続々とあがり、世界トレンド1位になった。

 同作は、暁佳奈氏によるライトノベルが原作で、『第5回京都アニメーション大賞』小説部門で大賞を受賞し、2018年1月~4月にテレビアニメが放送。かつて「武器」と呼ばれた少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、大戦終結後、相手の想いをすくい上げ、手紙を書く代筆業「自動手記人形」という仕事を通して描かれる、感情を持たない彼女が“愛”を知るまでの物語。「必ず泣ける」と高い評価を得ている作品で、2020年に公開されたオリジナル新作『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、興行収入21.3億円のヒットを記録、日本アカデミー賞優秀賞も受賞した。

 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形―』は、自動手記人形として成長を重ねたヴァイオレットが、良家の子女のみが通う規律の厳しい女学校に通う新たな依頼主・イザベラの元へ教育係として雇われる物語。次第に心を通わせる2人や、イザベラの過去の秘密が明らかになる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ