プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『オーズ』映司・渡部秀、10周年で感慨「出発点であり原点」 10年ぶりキャスト集結

10周年についてしみじみと語った渡部秀 (C)ORICON NewS inc.の画像

10周年についてしみじみと語った渡部秀 (C)ORICON NewS inc.

 『劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』で仮面ライダーオーズ/火野映司役の渡部秀、アンク役の三浦涼介、泉比奈役の高田里穂、仮面ライダーバース/後藤慎太郎役の君嶋麻耶が5日、東京・日比谷周辺で開催中の『第34回東京国際映画祭』(~11月8日)内で行われた、今年生誕50周年を迎えたヒーローの元祖『仮面ライダー』のイベントに登壇した。

【動画】『オーズ』渡部秀&三浦涼介ら10年ぶりキャスト集結!当時の思い出を語る

 この日は、キャストが10年ぶりに集結。渡部は「あっという間の10年というのが率直な感想。約10年前に『仮面ライダーオーズ』の最終回が終わった。それから各々の役者業にまい進シていく中で、やっぱり心のどこかに『仮面ライダーオーズ』という作品がずっとあった」と明かす。「キャストで登壇するのもファイナルイベント以来10年ぶりだし、久しぶりそろったのは感慨深いものがありますね」としみじみ口にした。

 『オーズ』という作品が、どんな作品になったか問われると「何度、思い返しても役者としての出発点であり、原点。これからの10年、20年、30年って絶対に変わらない。初主演でやらせていただいた作品でもありますし、原点ですね」と思いを語っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ