プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ジェニファー・ロペス主演、ポップスターと平凡な教師のラブストーリー

ジェニファー・ロペスとマルーマによるオリジナル曲「Marry Me」をフィーチャーした映画『マリー・ミー』2022年4月22日公開 (C)2021 Universal Picturesの画像

ジェニファー・ロペスとマルーマによるオリジナル曲「Marry Me」をフィーチャーした映画『マリー・ミー』2022年4月22日公開 (C)2021 Universal Pictures

 女優、ファッションデザイナー、プロデューサーなどいくつもの顔を持つ世界的歌姫ジェニファー・ロペスがプロデュース&主演を務める映画『MARRY ME』が、『マリー・ミー』の邦題で来年(2022年)4月22日より全国公開される(配給:東宝東和)。併せて「デイト・アナウンスメント」映像が解禁となった。

【動画】映画『マリー・ミー』デイト・アナウンスメント映像

 本作は世界的歌手と平凡な教師の恋の行方を、音楽とダンス満載で描く、現代的なロマンティック・ラブストーリー。監督は、『ウソはホントの恋のはじまり』(13年)のカット・コイロが務める。

 主演を務めるジェニファー・ロペスは、ストリップクラブのダンサーたちがウォール街の裕福な男たちから金を騙し取る計画を企てる映画『ハスラーズ』(2019年)での熱演も記憶に新しい中、今作ではまるでジェニファー・ロペス自身のような世界的ポップスターのカット役で、抜群の歌唱力を披露するとともに、恋に悩むキュートな姿を見せる。

 カットの新たな恋のお相手となる平凡な数学教師チャーリー役には、『ワンダー 君は太陽』(17年)などのオーウェン・ウィルソン。カットの婚約中のスター、バスティアン役にはコロンビア出身のレゲトン歌手のマルーマが起用されている。マルーマは、デビューアルバム『マジア』がコロンビアでゴールドディスク認定されるなどラテンミュージック界で最も人気のあるシンガー。本作で映画デビューを飾ったことも現地では話題となっている。

 カットとチャーリーの恋物語はもちろんのこと、ジェニファー・ロペスとマルーマのオリジナル新曲「Marry Me」をフィーチャーし、またジェニファー・ロペスの圧巻のパフォーマンスが全編にわたって贅沢にも披露されていく様も見どころ。

 このたび、到着した「デイト・アナウンスメント」では、ジェニファー・ロペスとマルーマによるオリジナル曲「Marry Me」を聴くことができる。結婚を祝福するに相応しいハッピーでアップテンポな楽曲に仕上がっており、本物のライブパフォーマンスのようなクオリティで披露される本編にもますます期待が高まる映像となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ