プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『テン・ゴーカイ』小澤亮太、デザインの正直な感想をぶっちゃけ「油断すると俺の中で『シン』になる」

『テン・ゴーカイジャー』の完成披露舞台あいさつに登場した小澤亮太 (C)ORICON NewS inc.の画像

『テン・ゴーカイジャー』の完成披露舞台あいさつに登場した小澤亮太 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の小澤亮太、山田裕貴、市道真央、清水一希、小池唯、池田純矢が4日、都内で行われたVシネクスト『テン・ゴーカイジャー』(11月12日から期間限定上映&来年3月9日にBlu-ray&DVD発売)の完成披露舞台あいさつに登場。10年ぶりにファンの前で6人が集結した。

【動画】ゴーカイジャー10年ぶり再集結!小澤亮太、山田裕貴、市道真央ら爆笑トーク

 この日は、ゴーカイレッド/キャプテン・マーベラス役の小澤、ゴーカイブルー/ジョー・ギブケン役の山田、ゴーカイイエロー/ルカ・ミルフィ役の市道、ゴーカイグリーン/ドン・ドッゴイヤー役の清水、ゴーカイピンク/アイム・ド・ファミーユ役の小池、ゴーカイシルバー/伊狩鎧役の池田、そしてテレビシリーズでメイン監督を務めた中澤祥次郎監督が登壇した。

 冒頭のあいさつで小澤は「みなさん、こんにちは!」とコール&レスポンスを求めたが、コロナ禍もあり、発声する人はゼロ。小澤は「そっか、しゃべっちゃダメなんだ!」と天然ぶりをチラリと見せた。製作決定が発表された瞬間を振り返ると「ツイッターで世界6位になったよね」と話すと、山田が「宇宙で6位ではなかった?」と重ねて“変わらない変わっている人”っぷりを見せて笑いを起こした。

 10年ぶりの完全新作の台本。手にした時の心境を問われると小澤は「『ゴーカイジャー』という文字がついた台本が久しぶりすぎて…」と感慨を語る。ただ「デザインが“テン”か“シン”かわからなかった。ちょっと油断すると俺の中で『シン』になる」と話題になったタイトルロゴをイジっていた。中身については「10年で想像を絶する変動があった。そこに僕もびっくりしたし、画になった時に驚きの嵐でした」と口にしていた。

 最後は小澤の「『テン・ゴーカイジャー』も派手に行くぜ!」とマーベラス節で締め、万雷の拍手が起きていた。

 スーパー戦隊35作記念作『海賊戦隊ゴーカイジャー』(2011年~2012年)の放送開始から10年。それを記念し、完全新作のVシネクストとして『テン・ゴーカイジャー』が制作。ゴーカイジャーならではのド派手な作品となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ