プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ABCテレビの新人・鷲尾千尋アナ、初のバラエティー司会で赤面「裸を見せるより恥ずかしい」

『マンゲキ大喜利団体戦'21 京都』で司会を務めるABCテレビ・鷲尾千尋アナウンサー(C)ABCテレビの画像

『マンゲキ大喜利団体戦'21 京都』で司会を務めるABCテレビ・鷲尾千尋アナウンサー(C)ABCテレビ

 大阪・ABCテレビの入社1年目・鷲尾千尋アナウンサーが、同局で5日に放送される『マンゲキ大喜利団体戦’21』(深1:34 ※関西ローカル)で、バラエティー初司会を務める。

【写真】灼熱の京都競馬場で行われた大喜利団体戦

 よしもと漫才劇場の若手芸人たちが“大喜利団体戦”を繰り広げる番組で、『M-1グランプリ』ファイナリストのからし蓮根・青空がMCを務め、大喜利の回答を「面白い」「めちゃくちゃ面白い」「微妙」の3段階で判定。入社1年目で『おはよう朝日です』のMCに抜てきされ、これが初のバラエティー司会となる鷲尾アナが判定音(声)を担当するが、「裸を見せるより恥ずかしい」と照れまくる。

 季節外れの暑い日に京都競馬場で行われた大喜利団体戦。チームヒューマン(ヒューマン中村、Dr.ハインリッヒ・幸、ダブルヒガシ・大東翔生)、チーム堂前(ロングコートダディ・堂前透、カベポスター・永見大吾、マユリカ・阪本)、チーム辻(ニッポンの社長・辻、シカゴ実業・山本プロ野球、ツートライブ・周平魂)の3チームが集う。

 リーダーによるドラフトでメンバーを決定。ヒューマン中村は、1位で幸を指名して「自分には出せない変なところから飛んでくるパンチが魅力的」と手応えも、大東については「周平魂が辻の希望とかぶったのでハズレ2位で」と切り捨てる。対して堂前は、永見に「大喜利が強いのはわかっている」と信頼を寄せ、阪本については「こんな企画があったら喜ぶやろな~と思って」と上から目線発言で指名。辻は「山本プロ野球はスピードとパワーがあるし、周平魂も強い!」とメンバーに自信を見せる。

 最初のお題は、「桃太郎がマッチングアプリのプロフィールで書いてそうな事ベスト3は?」。各チーム独特の大喜利を連発するが、やがて3拍子のリズムを刻みだし、「順番に出せばいいもんじゃない!」と青空をキレさせることに。このほか、「全国民がスカッとする出来事ベスト3は?」や「メンバー全員が童貞のバンド“チェリーボーイズ”のシングル売り上げベスト3は?」がお題にあがり、鷲尾アナがどう反応すればわからない下ネタすれすれの回答も。

 また、京都国際映画祭にちなみ、映画『西成ゴローの四億円』のワンシーンをアテレコして笑いに変えるお題も出され、各チームがチームプレーを披露する。最後に発表されるMVPはいったい誰の手に。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ