プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

平野綾&3時のヒロイン・ゆめっち、ディズニー声優に抜てき『ミラベルと魔法だらけの家』

『ミラベルと魔法だらけの家』(11月26日公開)主人公の姉、イサベラ役に平野綾、ルイーサ役にゆめっちが決定(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.の画像

『ミラベルと魔法だらけの家』(11月26日公開)主人公の姉、イサベラ役に平野綾、ルイーサ役にゆめっちが決定(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 ディズニー長編アニメーション60作目を飾る新作『ミラベルと魔法だらけの家』(11月26日公開)の主人公・ミラベルの2人の姉、イサベラ役とルイーサ役の日本版声優に平野綾と3時のヒロイン・ゆめっちが決定した。

【動画】『ミラベルと魔法だらけの家』日本版本予告

 主人公ミラベルは魔法の力を与えられた不思議な家に暮らすマドリガル家に生まれた少女。彼女の家族は5歳の誕生日を迎えると1人1人が特別な個性を持つ”魔法のギフト(才能)”を家から与えられるが、ただ1人だけ”魔法のギフト“を与えられなかったのがミラベルだ。魔法を持たずとも、家族と仲良く暮らしていたミラベルは、ある日家に大きな亀裂があることに気づく──このままでは世界から魔法の力が失われていくと知った彼女は家族を救うため、”唯一の希望“として立ち上がる。

 ミュージカルなど舞台を中心に活躍する平野が担当する長姉・イサベラは、花を咲かせる魔法のギフトを授かり、周りにはカラフルで美しい花が咲き乱れ、周囲の人々を笑顔にする。ゆめっちが担当する次姉・ルイーサは、”力(パワー)のギフト”を授かり、5頭のロバを担ぎ上げ、レンガで出来た橋を簡単に持ち上げてしまうなど、強くて力持ちで優れる働き者。

 2人は、米国本社のオーディションを経て、ディズニーの日本版声優の座を射止めた。ともにディズニー・アニメーションの声優初挑戦となるが、平野は「合格の報せを受けた時は飛び上がりました! 初めてのディズニー作品参加なので、幼い頃からの夢がやっと叶いました」と語り、ゆめっちは「うれしさのかたまりで頭がいっぱいでした! でも、私が日本版の声優をさせていただけるなんて信じられなくて絶対ドッキリだ!と思ってカメラを探しちゃいました(笑)」と、本作への参加の喜びと抜てきされた驚きを語った。

 家族の中で1人だけ魔法のギフトを与えられなかった”普通“の女の子・ミラベルと対照的に、魔法のギフトを授かった”完璧“な2人の姉、イサベラとルイーサ。イサベラと同じ位置にホクロがあることにも驚いたと話す平野は「イサベラは、誰もが憧れるような女の子なんですが、実は誰もが持っているような葛藤を持っていて、等身大の女の子として悩んでいる姿も一生懸命でかわいいんです」。

 ゆめっちはルイーサについて「家族だけではなく、町の方にも頼りにされていてカッコいい女性。ルイーサは、タフでコミカル、そして優しくて責任感が強く、無敵にみえるけど実は精神的に弱いところもある人間味あふれる愛すべきキャラクターです!」とコメントしている。

 ブロードウェイミュージカル「イン・ザ・ハイツ」(2008年)や脚本・作詞・作曲・主演を務めたミュージカル「ハミルトン」(15年)でトニー賞、グラミー賞など数々の賞を受賞したリン=マニュエル・ミランダが、『モアナと伝説の海』以来、音楽を手掛ける4年振りの新作オリジナル・ミュージカルとなる本作。

 その楽曲についてリンの大ファンだという平野は「物心つかない頃からせりふを全て覚えるまで繰り返しディズニーのミュージカル映画を観てきたので、私のベースにあるミュージカルの在り方はディズニーミュージカルから学んだことだと思っています。恐らく歴代のディズニー作品の中でも今回はダントツ難易度が高い楽曲ではないでしょうか。リン=マニュエル・ミランダらしいメロディが散りばめられていて、ファンは絶対に嬉しいと思います」と、その魅力とともに、楽曲の難しさについても語った。

 パワフルな歌声にも注目が集まっていたゆめっちは「楽曲がとても素晴らしいし、歌詞にもグッときました。ルイーサの心の葛藤がバンバン伝わってきて気づいたら涙が出ていました」と自身が歌うルイーサの楽曲に感動したそうで、さらに「ルイーサの安心感のある深い声を出し続けるのがとても難しかった。普段使わない声帯の使い方をしていたので、アフレコ期間は声が少し太く低くなりました」とアフレコの苦労話も教えてくれた。2人が担当するイサベラとルイーサの楽曲にも期待が高まる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ