プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『ドクターX』未知子が宣言「オペしないので」 いったいなぜ? 海老名が窮地に

『ドクターX~外科医・大門未知子~』第4話より (C)テレビ朝日の画像

『ドクターX~外科医・大門未知子~』第4話より (C)テレビ朝日

 女優・米倉涼子主演のテレビ朝日系大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(毎週木曜 後9:00)。きょう4日に第4話が放送される。

【写真】新シリーズではパンツタイプのナース服になる今田美桜

 第7シリーズは、100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」が舞台。第4話では、主演舞台の公演を目前に控えた人気ミュージカル女優・四季唯花(凰稀かなめ)が、重度の甲状腺がんを患い「東帝大学病院」に極秘入院。そんな中、内科主導の切らない手術=「ケミカルサージェリー」による治療を決定した内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎)を相手取って、外科部長・海老名敬(遠藤憲一)がうっかり?

 外科手術の採択を主張する海老名は、うっかり内科にケンカを売る大失言を放ち、蜂須賀の地雷を踏んでしまう。蜂須賀は静かな怒りをにじませながら、外科に唯花へのアプローチを許可すると同時に、海老名に対して「外科手術で治せなかった場合、辞表を書いてください」と通告する。

 前シリーズで、ヒラの医局員にまで転落したものの、今シリーズでは不死鳥のごとく息を吹き返し、外科部長の座についた海老名。この立場を死守したいところだが…。ここで失敗したら最後。海老名敬が、背水の陣でクビを賭けた下剋上が、幕を開ける。

 いつだってチェンジ&チャレンジと御意の精神をフル発揮。フリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉)のおかげで棚ぼた高評価も得る運の強さも相まって、どんな窮地もギリギリ切り抜けてきた海老名。ただ、今回、待ち受けているのは想像を絶するけものみち。未知子なら完璧な手術ができると進言する海老名だが、唯花は外科手術を拒絶し、蜂須賀が勧める「ケミカルサージェリー」を選択。一方、未知子も「オペしないので」と宣言…。

 海老名はこのままクビになってしまうのか? 未知子はいったい何を考え、三度の飯より好きなオペを拒んだのか? 海老名の知られざる趣味嗜好も明らかになる見どころ満載のエピソードとなる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ