プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

バービー&山之内すず、子宮頸がん・乳がん検診の重要性を実感「“モヤモヤ”があったら即行動」

『GIRL'S HEALTH ACTION 2021』SPトークショー『もっと知ろう!もっと話そう!わたしたちのからだのこと』の模様の画像

『GIRL'S HEALTH ACTION 2021』SPトークショー『もっと知ろう!もっと話そう!わたしたちのからだのこと』の模様

 お笑いコンビ・フォーリンラブのバービーとタレントの山之内すずが3日、オンラインヘルスケアイベント『GIRL’S HEALTH ACTION 2021』SPトークショー『もっと知ろう!もっと話そう!わたしたちのからだのこと』に参加した。

【写真】トークショーで思いをつづるバービー&山之内すず

 産婦人科医・高尾美穂先生を迎え、生理や子宮頸がん、乳がん、身体のことをトーク。低用量ピルは避妊ではなく、月経困難症などの治療目的にも使われることに、バービーは「大学生のとき、ニキビがすごくて『ピルを飲んだら』と聞きつけて行ったら、ニキビ目的では出せないと言われ…そんなはずはない、と2軒目に行ってだしてもらいました」と経験談を明かす場面も。

 また子宮頸がんや乳がん検診の必要性についてまだ、検診経験がないという山之内は「まだ『がんになるかもしれない』と思っても数十年先だとおもってしまうところがある。理解するだけで検診にいかなければいけない意識は持てるのでは」と姿勢を正した。その後も積極的に質問したり学びを深めた2人。

 最後に今回のトークショーを経ての感想について、バービーは「“モヤモヤ”があったら即行動。~これがバービーの流儀~」とフリップにしたため、「じっとしたままで悩んでいるくらいなら検索するとか専門家にきくとか、私自身は3つのクリニックを使い分けてる。それくらいフランクでもいいんじゃないかな。みんなも行ってみてね」と呼びかけ。

 山之内は「未来の自分のヒーローに自分がなろう」といい「今の自分の行動次第で未来の自分はかわる。未来の自分のために行動を起こせる人でいたい」と掲げると、バービーやMCの中村麻里子から「すてき!」「かっこいい!」と称賛されていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ