プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『アマゾンズ』鷹山仁・谷口賢志がサプライズで登場 控え室なく公園待機でボヤき「そんな仮面ライダーいる?」

『第34回東京国際映画祭』内の『仮面ライダー』のイベントに登壇した谷口賢志 (C)ORICON NewS inc.の画像

『第34回東京国際映画祭』内の『仮面ライダー』のイベントに登壇した谷口賢志 (C)ORICON NewS inc.

 『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』で志藤真役の俊藤光利、福田耕太役の田邊和也、高井望役の宮原華音、三崎一也役の高木勝也が3日、東京・日比谷周辺で開催中の『第34回東京国際映画祭』(~11月8日)内で開かれた今年で生誕50周年を迎えたヒーローの元祖『仮面ライダー』のイベントに登壇。さらに鷹山仁/仮面ライダーアマゾンアルファ役の谷口賢志がサプライズで“乱入”した。

【動画】谷口賢志サプライズ登場にファン歓喜!駆除班チームと爆笑思い出トーク

 俊藤や田邊らが水澤悠/仮面ライダーアマゾンオメガ役を藤田富、鷹山仁/仮面ライダーアマゾンアルファ役の谷口賢志についてトーク。谷口について俊藤は「賢志は、ずっとブレてない。ずっと裸だし、その辺もブレてない」と話していると、突然「相変わらず、お前らの話はつまんねぇな!」と谷口がステージに上った。

 ステージにいた4人は目を丸くして驚き、谷口は「もっと悪口を言われるかと思ったら、全然言わない。褒めてばっかりだから、出てきずらい」と苦笑い。さらに「ヒドいんだよ。サプライズで控え室がないから、ちょっと離れた外の公園に1人でいた。そんな仮面ライダーいる?」とボヤいて笑わせた。

 『アマゾンズ』の新作をやるならと問われると谷口は「正直な話を言うと前に戻るのはナンセンス。どうせなら復活させていただいて、駆除班にやられたいです。ちゃんと人間に狩ってほしい。俺が守りたかったのは人間。(Season2で)駆除班に会えなかったので。駆除班に撃たれて、この世から去れて、アマゾンがいなくなるならステキなのかな」と思いを打ち明けていた。

 『仮面ライダーアマゾンズ』シリーズは、2016年よりAmazonプライム・ビデオ配信限定でスタート。タンパク質を好み、食人本能を有する人工生命体“アマゾン”が潜伏する世界を舞台に、2人の仮面ライダーの壮絶な戦いを描いた人間ドラマとなっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ