プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

結木滉星『SUPER RICH』レギュラー出演 フランス語とタガログ語を操るトリリンガル役【コメントあり】

『SUPER RICH』に結木滉星がレギュラー出演(C)フジテレビの画像

『SUPER RICH』に結木滉星がレギュラー出演(C)フジテレビ

 俳優の結木滉星が、フジテレビ系連続ドラマ『SUPER RICH』(毎週木曜 後10:00)の第5話(11日放送)からレギュラー出演することが決定した。

【写真】苦学生・優を演じる赤楚衛二&スマートな町田啓太ら

 江口のりこ演じる、幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求める破天荒なベンチャー女社長・氷河衛の、ジェットコースターのような波瀾万丈な半生を描く完全オリジナルドラマ。仕事にプライベートにと、苦悩を抱えながらも日々をひたむきに生きるアラフォー女性のリアルな心情を描き出す。

 ビジネスパートナーである一ノ瀬亮(戸次重幸)の裏切りにより、信用や財産をすべて失った衛は、10月29日に放送された第3話で、古い一軒家を借りて新生「スリースターブックス」を始動。結木は、同社にアルバイトとして雇われる青年・城戸密を演じる。

 城戸はフランス語とタガログ語を操るトリリンガルであり、事業拡大のためグローバル化を目標とする会社にとって、なくてはならない存在となっている。また、プレゼン先の社内事情を冷静に見極める観察眼を持ち、そのハイスペックさに、碇健二(古田新太)からは“どうしてこの会社でアルバイトをしているの?”と不思議に思われている。

 今回の出演にあたって、結木がコメントを寄せた。

――出演が決まったときの感想
個人的にフジテレビさんのゴールデン・プライム帯のドラマに参加するのが初めてで、すごく楽しみでした。ただすでにできあがっている『SUPER RICH』チームに加わることに対して不安はありましたが、城戸という役は、ある意味今のチームに対してとても影響を与える役どころだったので、そこはポジティブに捉えて少しでもこのドラマのアクセントになるように努めようと思いました。

――今回の役どころについて
すごく真面目で仕事熱心な新人バイトということもあって、皆さんに愛されるようなキャラクターにしたいなと思っていました。会社のメンバーにも信頼を置かれている部分も多くあって、距離感を大事に皆さんとお芝居しようと心掛けています。そんな城戸がなぜここで働きたいと思ったのか、本当は何を思っているのか、ぜひ注目して見ていただきたい思います。

――共演者とのエピソードなど
僕は途中参加ということもあって、皆さんが気を遣って積極的に話しかけてくれたのでとても心強かったです。純粋に良いチームワークでこの作品を作っているのがすぐにわかりました。リハの時に間違えてしまったり、自分が(スタジオ)セットに頭を打ってしまった時もあえてそこを拾ってくれて、その場を和ませてくれたりと本当に楽しく撮影に参加できています。主演の江口さんもクランクインしてすぐの時に僕のところに来て“結木くんは何歳?”と話を振ってくれて、そこですぐに皆さんと和むことができて感謝しています。

――視聴者へのメッセージ
城戸としてこのドラマに参加させていただく以上皆さんの期待に応えられるように、そして城戸がこのドラマのいいスパイスとしてもっと『SUPER RICH』に勢いをもたらせるように全力で取り組みたいと思います。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ