プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『ハンオシ』第3話 ラスト1分に衝撃展開… “ハグ祭り”に大反響「面白くなってきた!」「これを待ってた」

『婚姻届に判を捺しただけですが』第3話の場面カット (C)TBSの画像

『婚姻届に判を捺しただけですが』第3話の場面カット (C)TBS

 女優の清野菜名が主演、坂口健太郎が共演するTBS系連続ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(毎週火曜 後10:00)の第3話が2日、放送された。

【写真】麻宮(深川麻衣)が不敵な笑み…恋模様が加速する第3話

 同ドラマは、漫画家・有生青春氏による『フィール・ヤング』(祥伝社刊)で連載中、即席の偽装夫婦が織りなす、不意キュンラブコメディーを実写化。おひとり様最高!のイマドキ女子のヒロイン・大加戸明葉を清野、とある理由から“既婚者”の肩書きを手に入れるため、30分前に出会ったばかりの明葉に偽装結婚を申し込む、性格難アリのサラリーマン・百瀬柊を坂口が演じる。

 ひょんなことから明葉(清野菜名)の職場に訪れた愛されキャラの動物病院の看護師・唯斗(高杉真宙)は、会話の流れから明葉と百瀬(坂口健太郎)の“偽装結婚”を見破ってしまう。

 そんな明葉は、自分のお節介が百瀬の勘に触り、心のシャッターをガッツリ降ろされてしまい、傷心気味。弱った明葉を見かねた唯斗は「あっきー、元気だして」と抱き寄せ、優しいハグで慰める。しかし、偶然に通りかかった百瀬に見られてしまい、明葉との関係が余計にこじれる展開に…。

 その後、なんとか和解し、元の距離感に戻った明葉と百瀬。第3話ラストでは、兄・旭(前野朋哉)の嫁・美晴(倉科カナ)に“かなわぬ恋心”を抱いている百瀬が「美晴が僕の世界を広げてくれた。ただ、気づいたら美晴と兄貴は結婚してて、僕はいつの間にか義理の弟になってて…。でもそれで美晴が幸せならそれでいいんです。僕の美晴への思いも変わることはありません」と初恋のエピソードを語る。

 そんな切ない片思いの真相を知った明葉(清野菜名)は、百瀬へ「今だけハグしてもいいですか?」と語りかけ、体を寄せる。突然の出来事に「これが友情のハグですか?」と戸惑う百瀬。一方で明葉は心の中で「これは友情? 違う恋のフラグは立ってしまった! 友情のハグはできない、したくない!」と決意を固め、さらにギュッと抱き寄せるのだった。

 エンドロールが流れるラスト1分での“ふいキュン”シーンに視聴者は「最高!面白くなってきた!」「これを待ってたんです!」「今日はハグ祭りだ~」など大興奮のコメントを寄せている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ