プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

メルカリ、ファッションの実店舗を表参道にオープン みちょぱがアンバサダーに就任

『サステなストア』の画像

『サステなストア』

 ファッション業界でもエコ問題が注目される中、メルカリは“初の実店舗”として25日から3日間、東京・表参道に『サステなストア』をオープンする。「ユーズドでオシャレを楽しもう。」をテーマに、フリマアプリ『メルカリ』に出品された5万点を超えるファッションアイテムから、みちょぱこと池田美優らアンバサダーを務める著名人が厳選した商品を店頭で販売。消費者は、ユーズド商品で身近なサステナビリティが体験できるという。

【写真】“丸刈り”姿でCMに出演した草なぎ剛「I LOVE メルカリ、I LOVE 剛」

 『サステなストア』は、欧州を中心に広がっている持続可能な消費をうながす『グリーンフライデー』プロジェクトにあわせて開催。実店舗では、アプリ『メルカリ』にて今年10月5日から31日までの期間、ハッシュタグ「#サステなストア」を付けて出品された商品の中から、“オシャレなアンバサダー”がセレクトしたものを販売する。アンバサダーには、みちょぱことモデルの池田美優ほか、スタイリストのSHOCOや大山シュン、モデルのTakumaら14人が就任した。

 実店舗であつかう商品は、事前に同プロジェクトの事務局が購入。店舗での売上金は、「メルカリ寄付」に登録されている自治体や慈善団体に寄付するという。

 店舗への来店は事前予約が必要で、27日18時30分まで『サステなストア』ホームページにて受付中。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ