プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

岡田准一の“格言”山田涼介明かす「強いやつほど優しいんだ」 本人は赤面

映画『燃えよ剣』公開御礼舞台あいさつに参加した(左から)山田涼介、岡田准一、鈴木亮平、原田眞人監督 (C)ORICON NewS inc.の画像

映画『燃えよ剣』公開御礼舞台あいさつに参加した(左から)山田涼介、岡田准一、鈴木亮平、原田眞人監督 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の岡田准一とHey! Say! JUMPの山田涼介が2日、映画『燃えよ剣』公開御礼舞台あいさつに参加した。劇中で新選組・土方歳三を演じた岡田と、沖田総司を演じた山田。撮影では「岡田さんが『男の強さとはなにか知ってるか?』みたいなこと言ってくださったんです」と切り出し、岡田の“格言”を報告。岡田を「そんな恥ずかしいこといった?」と照れさせた。

【写真】V6“解散翌日”の登壇となった岡田准一

 江戸時代末期。黒船来航後の激動の幕末を舞台に、わずか6年だけ存在した「新選組」の志士たちの生きざまを描く今作。時代の大きな変化の中、剣を手に命を燃やした志士たちの知られざる“愛”と“戦い”。鬼の副長・土方歳三と、「新選組」は、いかにして歴史に名を刻む“伝説”(レジェンド)となったのか―。

 「男の強さとはなにか知ってるか」と妙に芝居がかった言い方をする山田に、岡田はそんな恥ずかしい言い方してないよ」と焦ると、近藤勇役の鈴木亮平は「したことにしようよ!」と悪ノリ。その内容について山田は「『強いやつほど優しいんだ』と」と感心すると、岡田は「それディスってるだろ? 恥ずかし話でしょ」とすかさずツッコミを入れる。

 「本当に! こんなに印象に残ってるんです。イジってないです」と一生懸命に伝える山田に岡田は「赤くなっちゃった。恥ずかしいじゃん…」と苦笑。山田は「岡田さんくらいリアルに強い方は、むやみやたらに強さは出さない。いざというときに、大切ななにかを守る時、強さを発揮する。男でも惚れる。イジりとかでもなく、これはかっこいいわ~と思いました」と納得。これに岡田は「山田くんが優しかったんですよ。強いのは優しいことだからいいことだと伝えたかったんだと思う」と少しくすぐったそうにしつつも説明した。

 一方で岡田は鈴木について「モテを絵に描いたような…優しいし、もう優しい、強い。“男の強さとは”…」と自ら芝居がかって言い出して笑いを誘いつつも「包み込める強さがある感じ。ご飯とか現場の視野の広さとか、チャーミングなんです。ガチガチじゃないけどそれでいていい仕事をする。男がだいすき。男にモテるタイプですね」と魅力を熱弁していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ