プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

大泉洋×柳楽優弥「芸人だよ、バカヤロー」に注目 Netflix映画『浅草キッド』本予告

Netflix映画『浅草キッド』(12月9日配信)伝説の芸人・深見千三郎(大泉洋/上)と若き日のタケシ(柳楽優弥/下)の画像

Netflix映画『浅草キッド』(12月9日配信)伝説の芸人・深見千三郎(大泉洋/上)と若き日のタケシ(柳楽優弥/下)

 ビートたけしが自身の師匠である芸人・深見千三郎と過ごした青春をつづった自叙伝「浅草キッド」を原作に、劇団ひとりが監督・脚本を務め、大泉洋が伝説の師匠・深見千三郎を、柳楽優弥が若き日のタケシを演じるNetflix映画『浅草キッド』(12月9日より世界独占配信)より本予告とメインキーアートが解禁となった。

【動画】Netflix映画『浅草キッド』本予告

 解禁となった予告映像は、深見千三郎(大泉)がヤジを飛ばす客に対し「芸人だよ、バカヤロー!」とすごみを効かせて一喝するところから始まる。深見は自分のコントに惚れ込み弟子入りしてきたタケシ(柳楽)に対し厳しく接するが、それはタケシの持つ才能と努力を認め、深い愛情をもっていることの裏返しだった。

 待ち伏せしたかのように現れて「丁度良かった、メシでも行くか?」と誘い「師匠、昨日も同じこと言ってましたよ」指摘されると、「うるせえなこの野郎!」と思わず照れ隠しをするシーン。「最近じゃアイツのコントを観るために集まってる客もいるくらいだよ」と、日々成長する愛弟子を自慢する場面。やがて時代は演芸場からテレビにメインストリームが移り変わり、経営が悪化した浅草フランス座の閉業を勧められても「あいつに全部教えるまでは、ここをたたむわけにはいかねえんだ」と、面と向かって伝えることはないけれど、タケシへの惜しみない愛情を吐露している。

 一方、深見の元で芸を磨くタケシも、夢を語り合う仲間である踊り子の千春(門脇麦)に「なれると思ってるの?(萩本)欽ちゃんみたいに」と聞かれ、真っ直ぐに「思ってなきゃやってねえよ」と、自身の未来を信じていた。深見の愛妻・麻里(鈴木保奈美)もタケシの芸人としての成長を見守るが…。

 フランス座は閑古鳥が鳴くようになり、自らの笑いの実力を確かめたいと思い始めたタケシに元先輩・キヨシ(土屋伸之/ナイツ)が「タケ、俺と一緒に漫才しない?」ともちかける。そしてタケシはコントに矜持を持っていた深見の猛反対を押し切り漫才の道へと邁進していくことになるが――予告編の最後に、まるで師匠が乗り移ったかのようなタケシの「芸人だよ、バカヤロー」のリフレインに痺れる。

 同時に解禁となったメインキーアートは、フランス座の真っ赤な幕からひょっこり顔を出し、スポットライトに照らされた深見とタケシ。貫禄あふれる師匠・深見を見上げるタケシの表情が印象的なアートとなっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ