プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

朝倉海、右拳骨折の回復状況を報告「やっぱ他の人よりは早いらしいです」スパーリング開始時期も明言

右拳骨折の回復状況を報告した朝倉海 (C)ORICON NewS inc.の画像

右拳骨折の回復状況を報告した朝倉海 (C)ORICON NewS inc.

 格闘家で人気YouTuberの朝倉海が、自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿し、9月19日の『RIZIN.30』で負傷した右拳骨折の回復状況について自ら報告した。

【動画】朝倉海「兄貴に誕プレおねだりしてみた」 兄・未来と久々YouTubeコラボ

 海は『RIZIN.30』のアラン“ヒロ”ヤマニハ戦に判定で勝利したが、1ラウンド中に右拳を負傷。試合翌日の精密検査で右親指の付け根部分の骨折が発覚したが、自身の動画で「手術の必要もなくて、固定すれば治るということで」「時間もそんなにかかんないらしい。1か月もすれば完全に治るんじゃないかと先生も言ってて。俺治るの早いし、たぶん」と早期回復を誓っていた。

 10月30日に投稿した動画では、注文から2年待ちで届いた「クロワッサン餃子」を動画制作メンバーと楽しみながら、「今日レントゲンを撮りに行ってきたんですけど、ほぼ7~8割くっついてた」と説明。付けていたギプスを外し右手で箸を持ち、回復ぶりを伺わせた。

 骨折が完全に回復するには通常3ヶ月ほどかかるため、「完全にはまだくっついてない」ながらも、負傷から約1ヶ月半で「ほぼほぼもうくっついてるから、そっからズレたとかはないし、痛みもないんだよね全然」と明かし、「やっぱ他の人よりは早いらしいです、治るのが。なのでもうパンチとかも打てると思うので、来週くらいから普通にスパーリングも始めようかな。復活ですよ。今月(10月)でお酒もやめて、こっから一気に仕上げていきますよ!」と、大みそかに向けて再始動を宣言した。

 その後は、自身も参戦する大みそかの『RIZIN』や、最近の格闘技界についてトーク。自身に勝利しRIZINバンタム級のベルトを保持したまま、アメリカの団体「ベラトール」のタイトルマッチに挑む堀口恭司についても「負けてほしくない。俺がやり返したいから」と語り、自身の世界への挑戦についても思いを打ち明けた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ