プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

伊藤沙莉、兄・オズワルド伊藤の活躍がモチベーションに「アドバイスに感謝」

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』に出演する伊藤彩莉(写真:草刈雅之) (C)oricon ME inc.の画像

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』に出演する伊藤彩莉(写真:草刈雅之) (C)oricon ME inc.

 9歳でドラマ出演を果たして以来、ますます活躍の場を広げている女優・伊藤沙莉。最近では、演技のみならず特徴的な“声”にも注目が集まり、映像作品はもちろん、CM出演も増加。さらに、実兄であるお笑いコンビ・オズワルドの伊藤俊介と共演する機会も増え、好感度は増すばかりだ。そんな絶好調な伊藤だが、最新作ではこれまでになく悩んだそう。その際の葛藤、そして「家族大好き!」な伊藤のモチベーションとは?

【写真】「こんな沙莉ちゃん見たことない!」素肌に大き目白シャツ…アンニュイな表情の伊藤沙莉

■これまでになく悩んだ役、“心”にたどり着いて「いろいろなことを頑張らなくなった」

 2003年に女優デビューを果たして以来、『女王の教室』(日本テレビ系)など、さまざまな作品に出演してきた伊藤沙莉。最近では、『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)でナレーションを務めるなど、その“声”の魅力にも注目が集まっている。

 子役にして、すでに高い演技力が評価された伊藤は、その後も作家性の強い映像クリエイターのもと、個性的な役柄でキャリアを積み、実力派女優としての地位を確立したと言える。だが、そんな伊藤をもってしても、最新映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』(11/5日劇場公開&Netflix全世界配信)で演じた「かおり」という役は、「今までで一番悩んだ役」だという。

 同作は、現代とは少し価値観の異なる1990年代の恋愛から現代にいたるまでの期間を描いた作品。伊藤が演じたかおりは、森山未來扮する佐藤と1990年代に出会いながら、理由を告げることもなく去ってしまう女性。“普通”が嫌いで、自身の感性を信じ、映画やアート、ファッションを楽しむサブカル系女子だ。

 「佐藤がつかみ切れなかった女性が、その状態のまま描かれているのだから、まったくヒントがないんです。そんなキャラクターをどうやって魅力的に表現するのか…相当悩みました」

 悩みに悩んだ末に「まずは外見から」と考え、衣装チームやメイクチームと入念なやり取りを行った。そこから内面に入っていければ…と考えていたというが、一番大切な心の部分にたどり着くのに時間がかかってしまったという。

 「グルグル悩んで最終的にたどり着いたのが、かおりちゃんという女の子が、そこまで特別な存在なのか? ということ。佐藤の視点で見れば輝いて見えたのかもしれませんが、ちょっと俯瞰で見たら、絶対的にオンリーワンという存在ではないのかなと思って。そこに落ち着いてから、いろいろなことを頑張らなくなりました。全部を捨てるという選択肢をとりましたね」。

 今回、おおいに悩んで「かおり」を作り上げたように、伊藤の役への向き合い方はとても真摯だ。そのせいもあるのか、伊藤が出演する作品は非常に作家性が強く、なおかつエンタテインメント性もある秀作が多いように思える。

 「そういう評価をいただけるとすごく嬉しいです。私は面白いと思ったら、作品が大きかろうが小さかろうが、どんな役でも『出たいです』と言います。でも、最終的にはマネージャーさんや事務所の社長さんが総合的に判断していると思うので、良い作品に参加できているのは、事務所の方々のおかげなのかなって思います」

 女優としての作品の質だけではなく、声の芝居や、バラエティ番組への出演など、活躍の幅は年々広がっている。

 「実は、マネージャーさんから『全部やりたいって言わないで』って、よく怒られるんです(笑)。それくらい魅力的なお仕事が多いのですが、大好きな家族の次に信頼している事務所の方々なので、その判断はお任せしているんです。私にとって事務所は、東京の家族みたいなもの。だから、どんなお仕事でも信頼してやらせてもらっています」

■兄・オズワルド伊藤との共演が影響、“家族バカ”であるがゆえにモチベーションに

 「家族が大好き」という伊藤だが、今年出版されたフォトエッセイ『【さり】ではなく【さいり】です。』にも、家族の話がたくさん出てくる。近年、実兄であるお笑いコンビ・オズワルドの伊藤俊介との共演の機会も増加中だ。

 「私はどこかで家族バカなところがあって、(兄がブレイクしたことに対して)『それはそうでしょ』と思ってしまうところがあるんです(笑)。よくテレビなどで、兄が私のことを『天才女優』みたいに紹介することがあって、正直それだけは『マジでやめろ!』って思っているんですが(笑)。私は冷静なぶん、彼を天才とは思わないですが、才能はあると思っていて。笑いのセンスも好きだし、彼が受け入れられる世の中になったらいいなという思いがずっとあったので、嬉しさはありますね」。

 兄妹が、まったく違うジャンルで活躍し、共演するというのは芸能界でも非常にレアケース。それが叶っていることは喜ばしいことであり、女優業に対しても大きなモチベーションになっていると伊藤は語る。

 「私が一番『褒められたい』と思っている相手は、家族なんです。以前は、お母さんが朝から晩まで私の出演作を家で流してくれていたのですが、最近はお兄ちゃんの番組をずっと観ているんですよ。『トイ・ストーリー』で、新たにバズがやってきたときに、ウッディが『アンディに飽きられちゃった?』って思う…みたいな気分です(笑)。その意味でも、もっと仕事を頑張らなきゃ!というモチベーションになっています」。

 また、兄が芸人として活躍することによって、伊藤にも良い効果が生まれているという。

 「私はバラエティなどに出演する際、ものすごく不安で緊張するのですが、以前はあまり周囲に相談できなかったんです。兄もいろいろアドバイスしたかったようですが、なんとなくしづらかったみたいで…。でも最近は『お前は芸人じゃないから、やるべきことをやればいい。“お邪魔しています”はいいけれど、決して“来てやったぞ”にはならないように』ってアドバイスをもらえて、怖さが消えました」。

 兄の活躍で相乗効果が生まれたという伊藤。女優業でも『ボクたちはみん大人になれなかった』で難役に挑み、芝居熱は上昇。劇中、渾身の演技を堪能できる。

 「私自身、原作や脚本を読んだとき、かおりに対して全然共感できなかったんです。果たしてかおりは、佐藤と恋をしていたのだろうか? とも考えました。でもいろいろ迷いながら、やっぱり佐藤のことが好きなんだなと思えるようになってから、『かおり、わかるぞ』って(笑)。最近では“エモい”という言葉が盛り上がっているから、かおりをエモいと感じて、共感してくださる人もいるかもしれません」

 「ストーリーはもちろん、この作品は、映像もきれいで、音楽の使い方も素敵。目と耳で楽しめる面白さがあります。“エモい”だけじゃない何かがたくさん詰まっているので、シンプルに楽しんでいただければ嬉しいです」。

(文:磯部正和)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ