プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

内野聖陽がこっそり”原作チェック”  西島秀俊の暴露に「原点に帰らないと…」

劇場版『きのう何食べた?』オンラインイベント『「何食べ」オンラインランチ会 ~いまから何食べる?~』に参加した内野聖陽、西島秀俊 (C)ORICON NewS inc.の画像

劇場版『きのう何食べた?』オンラインイベント『「何食べ」オンラインランチ会 ~いまから何食べる?~』に参加した内野聖陽、西島秀俊 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の西島秀俊と内野聖陽が31日、W主演する劇場版『きのう何食べた?』オンラインイベント『「何食べ」オンラインランチ会 ~いまから何食べる?~』に参加した。イベントでは2人ともあまりのおいしさにとりこになった劇中のメニュー『キャラメル りんごのトースト』を実食しながら、コメント欄でファンと交流。西島は内野の撮影時のおちゃめなエピソードを明かし、本人を爆笑させた。

【写真】アドリブポーズで内野聖陽をみつめる西島秀俊

 今作は累計発行部数815万部(電子版含む)突破のよしながふみ氏による人気漫画を、ドラマ化した『きのう何食べた?』の劇場版。ドラマ版に続き、料理上手で几帳面・倹約家の弁護士・筧史朗(通称・シロさん)役の西島、その恋人で人当たりの良い美容師・矢吹賢二(通称・ケンジ)役の内野をはじめとし、小日向大策役の山本、小日向の恋人・ジルベールこと井上航役の磯村など、個性豊かな人気キャラクターたちが全員総出演する。

 ドラマ版からカップル役を演じる2人だが、西島は「内野さん、もっと、コワイ人だと思っていた」と撮影当初を振り返りながら「真剣にやる人には優しい」と紹介すれば、内野も「まじめというか、真剣な人がすきですね。真剣にふざけたり遊んでほしいというのはどこかある」と自己分析。西島は「(印象は)変わりました。真剣にふざける分にはいいんだと。もっと武士みたいな人かと思ってた」と今とのギャップを感じている様子。

 対して内野も「僕も実は西島さんはハードな怖い人かと。刑事さんのイメージとかで…すっごくあたり優しくて、寛容でおおらかなんです。シロさんって漫画のキャラだと結構厳しい。お金にも細かいし。でも全然、西島さんは真逆。すごくおおらかでほっこりやわらかい」と好印象を明かす。

 そんななから「内野さんは豪放磊落(ごうほうらいらく)な感じですけど『これはドラマだから、生の人間のぶつかりあいだから俺は気にしない!』と言いながら、本番前、ものすごく忠実に原作を…しかも現場でこっそり読んで。あれ、読んでるじゃん?って」と暴露。これに内野は「やっぱり原作を大事にしたい。原作のテイストを持ち込みたかった」と声をあげて笑いながら説明。

 西島から「非常に細やかなんです。現場では、『肉体をもってる役者がやるんだから!』といっていたのに…(笑)すごくすてきじゃないですか」と褒められ、内野は「原作のファンもいるわけだからあまりトンチンカンなことしちゃいけない」と苦笑。西島が「原作をリスペクトして、でも肉体を使って、なるほどって思いました」と感心すれば、内野は「ほっとくと原作の世界観から逸脱しそうなので原点に帰らないと…。かなり遠くにいったけど、大丈夫かしらって。そのためによしなが先生の世界観(に戻る)」と強い原作へのリスペクトをのぞかせていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ