プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

【地味ハロウィン2021】「この仮装、なんだかわかる?」いよいよイベント開幕、ツイッターではすでにおもしろ“地味仮装”の投稿に反響も

左・んちゅたぐいさん(twitter:@iwanttobeJinrui)、右・阿部秀子さん(twitter:@ABK40)の画像

左・んちゅたぐいさん(twitter:@iwanttobeJinrui)、右・阿部秀子さん(twitter:@ABK40)

 例年なら、各地でハロウィンイベントが盛り上がる10月下旬。緊急事態宣言も解除され、街は徐々に活気を取り戻しているが、渋谷区では、ハロウィンの時期に集まらないよう自粛を呼びかけている。そんな中、本日ひっそりと開幕するのが『地味ハロウィン2021』だ。

【伝説地味コス】会場ざわつく…「SNSで知り合った男に初めて会いに来た女」の仮装

 同イベントは通称“地味ハロ”として、2014年にデイリーポータルZが発案したイベント。ハロウィン定番の魔女やゾンビなどではなく、手間をかけずに“とんち”のきいた地味な仮装を披露する猛者たちの姿で、毎年SNSなどで話題になっている。「堂々とコスプレをする勇気は出ない…けど、ちょっと仮装はしてみたい」…年々クオリティの上がるハロウィンを見て、今さら一歩踏み出しにくかった人たちにも好評だ。

 10月23日からは、SNSや公式サイトなどオンラインのみで開催されていたが、本日31日には、17時~20時の間、東京カルチャーカルチャーにてオフラインイベントが開幕する。すでにTwitter上ではマニアックな仮装に身を包んださまざまな地味ハロ写真が投稿されている。

 「サスペンスドラマで『お隣り、3日ぐらい前から留守みたいよ』と言う、容疑者の隣人」に扮して2万以上のいいねを集めていた阿部秀子さん(twitter:@ABK40)は、何とも言えない表情と玄関という小道具を使い、オンラインならではの仮装を披露。2015年にはオフラインイベントにも参加し、会場の雰囲気を楽しんだそう。「今年はオンライン参加しようと思っていたので、家の中で使えるシチュエーションを見回して、玄関との組み合わせでこのキャラにたどり着きました」と話してくれた。

 続いて人気を獲得していたのが、「レジで絶対『全部すぐ使うのでタグ切ってください』って言う人」をテーマに仮装をした、現在大学生の投稿者・んちゅたぐいさん(twitter:@iwanttobeJinrui)。濡れた髪とパーカーに、タオルや傘、靴下などを抱え、レジに並んでいる様子を表現した。

 「『何かをしようとしてる人』にしようということだけ考えてこの仮装にしました。思いつきなので、特に深い意味はありません(笑)」。昨年は「袋断っちゃったけど入らなかった人」の仮装をし、そこでもたくさんのいいねを獲得していた、んちゅたぐいさん。「昨年に引き続き多くの方に見ていただき嬉しいです」とコメントしてくれた。

 本日はハロウィン当日ということもあり、“地味仮装”の投稿も増えている。この先もどんな仮装が見られるか注目だ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ