プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

江野沢愛美、気になる人へのアプローチは積極的「回りくどいのは苦手」

気になる人へのアプローチは積極的だと明かした江野沢愛美 (C)ORICON NewS inc.の画像

気になる人へのアプローチは積極的だと明かした江野沢愛美 (C)ORICON NewS inc.

 女優の筧美和子、江野沢愛美、lolのhibikiが29日、東京・青山学院大学で行われた映画『幕が下りたら会いましょう』(11月26日公開)青山祭トークショーに登壇した。

【全身ショット】黒のタイトスカート姿で登場した江野沢愛美

 この日は、大学生からの質問コーナーも用意され「気になる人と関係を発展させるためにはどのようなアプローチをしますか?」という問いに、江野沢は「私、けっこう誘っちゃいます」と積極的に攻めると明かした。

 その理由については「誘うことが向こうにとってのアプローチというか…。一番手っ取り早い。単刀直入に『ご飯食べに行きたいです』と言います。回りくどいのは苦手なので、ぱっぱっぱといきたいです」と話すと、筧たちも「かっこいい…」と思わずうっとりしていた。

 本作は、女優・松井玲奈の単独初主演映画。麻奈美(松井)と尚(筧)の姉妹が、現代社会の抱える問題に直面しながら、不器用にもいまっすぐ生きる女性を描くエンターテインメント作品。麻奈美の母・京子に『カメラを止めるな!』でブレイクしたしゅはまはるみほか、日高七海、江野沢、木口健太、目次立樹、大塚萌香、丘みどり、袴田吉彦らが出演する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ