プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

天海祐希×草笛光子が語る、人生の後半を生きる人へのエンパワーメント

映画『老後の資金がありません!』(10月30日公開)で嫁姑の間柄を演じた天海祐希(奥)、草笛光子(手前)(撮影:小倉直樹)(C)ORICON NewS inc.の画像

映画『老後の資金がありません!』(10月30日公開)で嫁姑の間柄を演じた天海祐希(奥)、草笛光子(手前)(撮影:小倉直樹)(C)ORICON NewS inc.

 女優の天海祐希が主演する映画『老後の資金がありません!』(10月30日公開)で嫁と姑の間柄を演じた天海と草笛光子にインタビュー。プライベートでも親交が深いおふたりなだけに、インタビューというより“普段のおしゃべり”に交ぜてもらったような楽しいひと時だったことが、少しでも読者の皆さまに伝わりますように!

【動画】主題歌は氷川きよしの「Happy!」 映画版PVには天海祐希も登場

■映画『老後の資金がありません!』インタビュー

――ORICON NEWSです。本日はよろしくお願いします。

【草笛】オリコ…おりこうさん? 私、おりこうさんに見えるかしら?

【天海】いやいや(笑)、ORICON NEWSさん。ホントに、ホントに、かわいらしい方なんですよ。草笛さんがいらっしゃると現場が華やかに、にぎやかになるんです。

【草笛】それはあなたの方よ。監督より声が大きいし(笑)。ほら…何ていうのかな…すぐ出てこない。これが年なのよね(笑)。

【天海】草笛さんだけじゃないですよ。私も友だちと会話している時に、「あれがさ、ほら、あれなのよ」「ああ、あれね」「そうそう、あれ」「あれって何よ」って、よくなるもの(笑)。

【草笛】あ、思い出した! そう! さっぱりしてらっしゃるの。私は言いたいことを言う人ですが、天海さんも言いたいことを言う方よね(笑)。だけど、それは絶対に人を傷つけるものではないの。「なるほどね」ということをスパッとおっしゃる。勇気があるっていうかね、そこが良いですよね。

【天海】ありがとうございます。

――映画『老後の資金がありません!』は、天海さん演じる普通の主婦・後藤篤子(53)が、子どもの結婚・夫の失業・浪費家の姑との同居など、人生の後半を生きる人たちにとっては身に覚えのある、あるいはこれから自分の身にも降り掛かってくるかもしれないお金の問題に振りまわされる中、「なんとかなるから絶対!」と前向きに立ち向かっていく姿が描かれます。浪費家の姑・芳乃を演じた草笛さんですが、前田哲監督からは役作りをしないで草笛さんそのままで芳乃役を演じていただきたいと言われたそうですね?

【草笛】正直、カチンときましたよ(笑)。私が演じた芳乃は、天真爛漫(らんまん)と言えば言葉は良いですけど、どこか抜けていて悪気はないんだけど周りに迷惑をかけてしまう女性だったので、どうやってこの役を演じたらいいかしら?と監督に伺ったら、「変に演じないでください、そのまんまであなたはおかしいですから」と言われました。何十年とこの仕事をしてきて、そんなこと言われたの初めてよ。

【天海】失礼ね、デリカシーがないわね(笑)。

【草笛】でも、ああそう思っている方もいるのなのかなって、目を開かされたというか。そこまでおっしゃった監督ですから、もうお任せすることにしました。もしかしたら、自分の知らない一面を引き出してくれるんじゃないか、と前向きに捉えてね。だから、良かったら監督のおかげ、悪かったら監督のせいね(笑)。

――天海さんには理想の上司ですとか、クールでかっこいいイメージがありますが、今回は住宅街で見かけるような普通の主婦を演じていて、新鮮でした。

【天海】私が翻ろうされる役というのは珍しいかもしれないですね。

【草笛】天海さんが普通の主婦の役をどう演じるのか、楽しみにしていたんです。そうしたら、見事に“普通”だった。私もいろんな役をやってきましたけど、普通の主婦くらい難しい役ってないの。普通っていうのは難しい。普通っぽさを出しながら、ちゃんと物語を回していくって、これは力がないとできないことよ。

【天海】うれしい~! でもね、今回、主婦役をやってみて、全然普通じゃない、と思いました。世間的に割合が多いから一般的という意味で“普通”なのかもしれないですけど、旦那さんや子どもたち、義理の親、自分の親、自分以外の誰かのために毎日、家事を頑張っている。深い愛情とやりくり上手じゃないとできないことですよ。それを明るく前向きにこなしている篤子さんには尊敬の気持ちが湧きました。

【草笛】それにしても、見事でした。

【天海】草笛さんがいてくれたからですよ。草笛さんが自由に華やかに芳乃さんを演じてくださったので、巻き込まれていきやすかったです。自然と困った表情になりました(笑)。

■「人生わがままに生きた方が勝ちよ」の深い意味

――今回の映画ですが、まずタイトルがすごい、ですよね。原作は、垣谷美雨さんの『老後の資金がありません』(中公文庫)ですが、「私もです!」と思わず言ってしまいそうになるタイトル。

【草笛】みんな思い当たるところがありますよね。

【天海】老後に2000万円必要だと言われた時には、私もショックを受けましたけど、この映画には人生の後半に起こりうる問題の数々が詰め込まれていて、例えば葬儀費用はどれくらいかかるのか、といったことも勉強できるんですよね。お金ってあるに越したことはないんだけど、心の中に何か一つでも大事なものがあれば、いろんな形で補っていけるんじゃないかな、ということをこの映画に出合って思いました。

【草笛】私、10月22日に88歳になりましたけど、この歳になってみて思うのは、やはり、周りに迷惑はかけたくない、というのが一番。それ以外は、意外とあっけらかんとしているかもしれない。だって後は野となれ山となれでしょう。明日、どうなるかだってわからないんだから。そうは言いつつ、1日を終える頃には、今日はちょっとわがままいって迷惑かけちゃったかもしれないわ、と反省するんです。

【天海】わがままでいいんじゃないですか? 映画の中でも芳乃さんのせりふに「人生わがままに生きた方が勝ちよ」と言うのがあるんですけどね、これがまたなかなか深いんですよ。ただわがまま放題に生きたらいい、と言っているんじゃないんです。「これまでずっと頑張って、苦労もしてきたんだから、残りの人生の選択はわがままにしていいじゃないですか?」ということなんですね。

【草笛】草笛光子って、わがままだったけど、ちょっとおもしろい女優だったね、って言われたいわね。

【天海】もう言われているじゃないですか、おかしいって。前田監督に(笑)。

【草笛】あら、本当だわ(笑)。88歳になったら、私ってこうなるんだ、というのを面白がっている自分がいるわね。自分で自分をからかうことができる。それで、いつまでも人様の役に立ちたい、って思うわね。

【天海】草笛さんが元気で美しくお仕事されているだけで、私たちの役に立ってます。草笛さんを見ていると、年齢を重ねるって悪いことじゃないなって思えますし、草笛さんように年を重ねていきたいな、って思います。

――「老後の資金がありません!」と不安がってばかりいないで、今、自分が頑張れるなら、できることはやっておく、それが大事なのかもしれないですね。それでも行き詰まってしまうことがあるかもしれないけど、篤子さんのように何か突破口を見つけられるかも。それは、映画を見てのお楽しみですね。

【天海】新型コロナウィルスの流行が起こってからの約2年は、日本だけでなく世界中で経済的にも精神的にも大変な思いをしている方がたくさんいらっしゃる。そんな中で、今、この映画を劇場で公開できるのは本当にありがたいことだと思っていますし、幸いにもこの映画は、笑えて、泣けて、ちょっと勉強になって、映画館を出る時には氷川きよしくんの歌じゃないけど、「Happy!」な気分になれる映画だと思うんですね。帰りにスキップしたくなるような(笑)。現実問題として、乗り越えないといけないことはたくさんあるかもしれないけど、少しでも気持ちが明るく楽しくなる応援歌として映画を見ていただければと思います。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ