プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

佐野勇斗、再現ドラマで水中考古学者を熱演 「沈没船を巡る名推理」に注目

11月1日放送『近未来創世記 日本を救うヤバイ偉人』に出演する佐野勇斗 (C)日本テレビの画像

11月1日放送『近未来創世記 日本を救うヤバイ偉人』に出演する佐野勇斗 (C)日本テレビ

 俳優の佐野勇斗が、11月1日放送の日本テレビ系バラエティー『近未来創世記 日本を救うヤバイ偉人』(後9:00)に出演する。所ジョージ、木梨憲武、渡辺直美がトリオMCを務め、さまざまな分野で活躍する“ヤバイ偉人”たちを徹底解剖していく同番組。佐野は水中考古学者・山舩晃太郎氏を再現ドラマで演じる。

【写真】水中考古学者・山舩晃太郎を演じる佐野勇斗

 今回、番組で紹介する“ヤバイ偉人”のひとりである山舩氏は『フォトグラメトリ』と呼ばれる技術で、沈没船の測量の効率を飛躍的に高め、数々の沈没船の謎の解明に取り組んでいる。山舩氏の半生と、沈没船の謎を解明する再現ドラマを、現在放送中の日曜ドラマ『真犯人フラグ』橘一星役で注目を集める佐野が熱演。山舩氏の活躍は『インディ・ジョーンズ』さながら。佐野のクレバーな演技で見せる「沈没船を巡る名推理」が見どころとなる。

 そのほか“ヤバイ偉人”としてオリンピックで世界を魅了したカリスマ振付師・MIKIKO、40年前にクラウドサービスを構想していた天才起業家・江副浩正氏、医者も驚く超リアルCGで日本の医療を変える天才CGクリエイター・瀬尾拡史氏を特集する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ