プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

CHEMISTRY・川畑要、108本のバラの花束を持ち「重みを感じます」

108本のバラの花束への重みを語ったCHEMISTRY・川畑要 (C)ORICON NewS inc.の画像

108本のバラの花束への重みを語ったCHEMISTRY・川畑要 (C)ORICON NewS inc.

 CHEMISTRYの川畑要が28日、東京・銀座のブライダルリング専門店『I-PRIMO』銀座本店グランドオープニングセレモニーに出席した。

【写真】108本のバラを持って…重みを感じる川畑要

 『I-PRIMO』では、銀座本店の移転・グランドオープンを記念して、プロポーズをアーティストと一緒にかなえる特別企画「史上最高のパーソナルオーダープロポーズ」を1組限定で実施。川畑がプロポーズをサポートするアーティストに就任し、2人のエピソードを基に、オリジナル歌詞のプロポーズを作成し、当日に生歌を披露する。

 この日は、プロポーズアイテムでもある108本のバラの花束が会場に登場し、川畑が手に持つと「すごく重みを感じます。渡すのも勇気がいりますね」と、プロポーズする方も、される方も責任を感じるような重さと表現した。

 カップルの幸せを願う役目を担うこととなるが「自分にとってもできる経験ではないので、精いっぱい、思い出を彩ることができたらと思います」と意気込みを語った。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ