プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

バナナマン日村「夢だった」“バス運転手”の番組実現

送迎バラエティー番組『ひむバス!』が11月3日に放送(C)NHKの画像

送迎バラエティー番組『ひむバス!』が11月3日に放送(C)NHK

 お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀が“バス運転手”を務めるNHK総合の送迎バラエティー番組『ひむバス!』が、11月3日(前8:15~9:00)に放送されることが28日、発表された。

浦沢直樹氏がデザインした『ひむバス!』のイラスト

 愛車の「ひむバス」で明るく楽しくおもてなしし、乗客の夢を応援。送迎を通して地域の人びととふれあいながら、それぞれのドラマに出会い、いまの日本を見つめる新感覚のドキュメント・バラエティー番組。愛車の“ひむバス”は、漫画家の浦沢直樹氏がデザインしたオリジナルの車体。番組のナレーションは白石麻衣が担当する。

 今回、日村が向かったのは、秋田県横手市と岩手県陸前高田市。横手市では、大型スーパーに買い物に来た山間部で暮らす80代の夫婦をおよそ25キロ離れた自宅に送迎する。日村運転手は、送迎だけでなく、里芋やきのこなど地元の食材が入った鍋の準備のお手伝いも行い、集まった4世代家族と鍋を囲み、大家族の幸せな姿を堪能する。

 陸前高田市では、東日本大震災以来10年ぶりに復活する花火大会の公式ドライバーに就任。大会会場のイベントステージに出演する女子高校生ダンスグループを送迎し、高校生活最後の晴れ舞台を応援。また震災で亡くした息子との思い出の花火を、大切な場所から見たいという家族を送迎する。新型コロナ感染拡大の影響で全国的に多くのイベントが中止されるなかで実現した、東北最大規模の花火大会。さまざまな思いを抱える人たちを送り届け、最後に日村が感じたものを明かす。

■日村勇紀コメント
まさか個人的な夢だったバスの運転が番組になるなんて! しかもNHKで。ビックリです。今回は岩手県と秋田県にお邪魔し、そこで暮らす夫婦や家族、高校生などたくさんの方々を送迎させていただきました。初めてお会いする方々ばかりなのに、バスに乗せて目的地に運んで同じ時間を過ごすなかで昔からの仲間のように思えてきました。運転している僕自身も、乗車してくれたみなさんの夢や思い出に自然と乗っかることができて感動したし、あったかい気持ちになりました。
送迎って奥が深いですね。正直、こんないい番組になるとは思っていませんでした(笑)。ぜひご覧ください。

■浦沢直樹氏コメント
以前ラジオで日村さんが何気なく言った、バスを運転できるようになってみんなとBBQに行きたい、それがどんどん現実になっていく! 日村さんてすごい!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ