プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

40頭以上の多頭飼育崩壊、盲目でも飢えた記憶があっても…生き延びた猫が受け取った“幸せバトン”

多頭飼育崩壊から救われた、盲目のメンメ(右)(写真:ねこけんブログより)の画像

多頭飼育崩壊から救われた、盲目のメンメ(右)(写真:ねこけんブログより)

 最近でも、ときおり「多頭飼育崩壊から猫や犬が助け出された」というニュースが耳に入る。飼い主にもさまざまな事情はあるのだろうが、苦しむのは劣悪な環境に置かれた動物たち。病気になったり、亡くなってしまったりする犬猫も多い。そんな過酷な多頭飼育崩壊から生き延び、今では幸せをつかんだ猫たちがいる。眼球のない“メンメ”、飢えた記憶から抜け出せない“マーライ”、彼らを必死にケアしたのはNPO法人『ねこけん』だ。猫たちがいま、どうしているのか。代表理事の溝上奈緒子氏に聞いた。

【写真】「まるで別猫!」多頭飼育崩壊から現場から生還、幸せかみしめるメンメ

■40頭以上の多頭飼育崩壊から救出、眼球のない猫がつかんだ幸せ

 2016年、練馬で発生した46頭(最終的には49頭)もの猫を巻き込んだ多頭飼育崩壊。劣悪な環境だったが、『ねこけん』による保護、献身的な治療や看護により、多くの猫たちが救われた。そんな中の1頭が、眼球のない猫“メンメ”だ。おそらく、近親交配が原因だと思われる。

 多頭飼育をしていたのは、高齢の一人暮らしの男性だったという。倒れて病院に搬送されたその男性は、回復したものの猫の世話ができない。そこで、『ねこけん』にレスキューの依頼がやってきた。猫たちは鼻水を垂らしていたり、目がつぶれていたり、重篤な症状に陥っている個体もいた。

 「もう、健康な子は誰もいないんじゃないかというくらい、みんな何かしらの病気を持っていました。私たちも、当初は下見だけのつもりだったのですが、翌日まで生きられるかどうかわからない子が3匹もいて、すぐに病院へ連れて行きました。中には5歳か6歳の大人の猫なのに、体重が1.2キロほどしかない子もいて。そのうちの1頭、メンメはガリガリで眼球がなかったのですが、それでもマシなほうだったんです」。

 レスキューされたメンメは、最初はひたすら隠れていたようだが、『ねこけん』が安心な場所だとわかってくると、次第に心を開き始めた。どうやら、メンメの兄弟たちが「もう大丈夫」と教えてくれたようだ。

 周りにいる猫たちが、弱い個体を助けることはよくあることだそうで、「猫たちがコミュニケーションを取って、しっかり助け合って生きているという場面には何度も遭遇しました」とのこと。そんな助けもあり、保護されてからのメンメは少しぽっちゃりした元気な猫となった。

 「もともと猫は、あまり目が良くないんです。たとえ目が見えなくても、ここにご飯がある、ここに段がある、ここに爪とぎがある、とわかってくると、見えている状況と変わらず動けるようになります」。

 だが、いくら慣れれば生活に支障は少ないとはいえ、理解してありのままを受け入れてくれる人は現れるのだろうか。そんな不安もあったが、ある日メンメを家族に迎えたいという夫婦が譲渡会に現れた。彼らはメンメの過去と障害をすべて理解したうえで、「ぜひ家族に」と申し出たという。しかもその理由は、「目が見えなくてかわいそうだから」という同情ではなく、「メンメが可愛いから家族に迎えたい」というものだった。メンメを迎え入れた夫婦は現在、ほかの保護猫も加え、計3匹との生活を楽しんでいるという。

 「メンメがキャットタワーに登れた」「追いかけっこができた」と、その夫婦は涙を流して喜んでいるそうだ。そして、そんな報告を受けた『ねこけん』メンバーも、ほっと胸をなでおろしている。体が不自由でも、問題があっても、飼い主によって幸せになれる。それを証明したようなメンメだった。

■「飢えた記憶が刷り込まれ…」、食べては吐き戻す“マーライ”

 同じ多頭飼育崩壊から助け出された猫が、黒猫の“マーライ”だ。

 「ほとんどエサをもらうことができなかったんだと思います。マーライは、なかでも一番状態の悪かった猫の1頭です」と、溝上氏は当時の状況を振り返る。

 「飢えた記憶が刷り込まれていたんでしょう。保護されてからも常にがっついて、食べては吐き戻してを繰り返していました。だから、この猫はマーライオン→“マーライ”と名付けられたんです」。

 保護当時の写真を見ると、とても険しい顔をしているマーライ。だが、ボランティアメンバーの愛情に触れ、だんだんと穏やかさと健康を取り戻し、すっかり巨大化した猫に。『ねこけん』ブログにもたびたび登場し、ときには「イケメン」、ときには「ヘタレ」「眉っパゲ」とイジられる人気者となった。

 だが、残念なことにこのマーライには、なかなか新たな家族ができなかった。譲渡会に参加しても、人気はあれど譲渡の申し込みのない日々が続き、『ねこけん』メンバーも心配していたそうだ。

 そんなある日、ついにマーライを迎えたいという家族が現れた。「以前から気になっていた」というその家族に、メンバーも「一緒にレスキューされた仲間たちが、どんどん幸せへと巣立って行く中、全然かすりもしなかった、あのマーライが!」と感激もひとしおだったという。

 現在は、優しい家族に迎えられ、“自宅警備員3号”(先住猫が2頭いた)として、大役に当たっているとのこと。マーライが、先に巣立っていった仲間たちからの幸せバトンを受け取ったのは、24番目だった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ