プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

仲野太賀、事務所との数奇な縁 林遣都のマネージャーに逆オファーで所属する

事務所との数奇な縁について語った仲野太賀 (C)ORICON NewS inc.の画像

事務所との数奇な縁について語った仲野太賀 (C)ORICON NewS inc.

 ディズニーがグローバルに展開する公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」の『APAC(亜細亜太平洋地域)コンテンツ・ショーケース』が14日、開催された。俳優の仲野太賀、草なぎ剛、女優の伊藤沙莉で、俳優・松尾諭のエッセイ『拾われた男』をドラマ化することが決定。Disney+で独占配信される。

【動画】何かに“拾われた”エピソードを明かした仲野太賀&草なぎ剛

 タイトルにかけ、イベントでは“拾われたこと”についてトーク。仲野は「今の事務所に拾ってもらったことですかね」と告白した。「最初は親のツテとかでオーディションを探してもらって、というのが1ヶ月、2ヶ月ぐらいあった。その後に映画のオーディションがあって、そのオーディションに受かった。林遣都くんが主演の映画で林遣都くんのマネージャーさんに『事務所に入れてください』と言って入った。行くところがなかったので」と回顧。最後は「すみません、こんな話で…、あせ、あせ」と続けて笑わせた。

 個性派俳優の松尾が自らの波瀾万丈の俳優道を描いたエッセイ『拾われた男』(文藝春秋)。一枚の航空券を拾った事から始まる予測不可能な俳優としての道のり、運命的な恋人との出会い、そして兄を救うためのアメリカへの救出劇。不思議なご縁でまさかまさかの人生が広がる、抱腹絶倒ヒューマン・コメディとなる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ