プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

デヴィッド・ボウイ至高のライブ映画『ジギー・スターダスト』予告編

デヴィド・ボウイ至高のライブ映画『ジギー・スターダスト』(2022年1月7日より順次公開) (C) Jones-Tintoretto Entertainment Co.,LLCの画像

デヴィド・ボウイ至高のライブ映画『ジギー・スターダスト』(2022年1月7日より順次公開) (C) Jones-Tintoretto Entertainment Co.,LLC

 来年(2022年)は、デヴィド・ボウイ生誕75年、そして彼をスーパースターに押し上げた、ロック史上に燦然と輝く名盤『ジギー・スターダスト』が発売されて50年。「ジギー・スターダスト」ツアーの伝説的な最終公演を収めたボウイ生涯最高のライブ映画『ジギー・スターダスト』が、彼の誕生日1月8日の前日、1月7日よりBunkamuraル・シネマ(東京)ほか全国で順次公開される。

【動画】映画『ジギー・スターダスト』予告編

 5年後に滅びようとする地球に異星からやってきたスーパースター「ジギー・スターダスト」にデヴィッド・ボウイが扮し、ロックスターとしての成功からその没落、絶望から復活までを壮大に描いたコンセプト・アルバム『ジギー・スターダスト』。

 映画は、ボウイが1972年から73年にかけてイギリス、アメリカ、日本で行った長期ツアーの最終公演、ロンドンのハマースミス・オデオン劇場での伝説的なライブを撮影したドキュメンタリー。ボウイ自身が製作に関わった生涯最高のライブ映画と言えるものだ。上映素材は、ボウイ自ら主導した2002年サウンドリミックス・デジタルレストア版となる。

 この時のステージ衣装にはロンドンでコレクションを発表して間もない27歳の山本寛斎が参加。監督はボブ・ディランの『ドント・ルック・バック』で、音楽ドキュメンタリーの歴史に一線を画した、アカデミー賞名誉賞受賞監督D.A.ペネベイカー。全曲の歌詞翻訳を含む字幕はシュガーベイブのベーシストだった寺尾次郎が担当している。

 今回公開された予告編は、「気のふれた男優」「サフラジェット・シティ」「チェンジス」「スペース・オディティ」「君の意志のままに」「屈折する星くず」の演奏場面などが編集されており、とくに「チェンジス」を中心に据え、「変わるんだ 大人になっても変化しろ」という、ポスターのコピーにもなっているボウイのメッセージを強調したものになっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ