プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

山田涼介主演映画『大怪獣のあとしまつ』来年2・4公開決定、キャストも解禁

Hey! Say! JUMP・山田涼介が主演する映画『大怪獣のあとしまつ』(2022年2月4日公開)(左から)濱田岳、オダギリジョー、西田敏行の出演を発表 (C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会の画像

Hey! Say! JUMP・山田涼介が主演する映画『大怪獣のあとしまつ』(2022年2月4日公開)(左から)濱田岳、オダギリジョー、西田敏行の出演を発表 (C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

 Hey! Say! JUMP・山田涼介が主演する映画『大怪獣のあとしまつ』が、来年(2022年)2月4日に全国公開されることが決定。特報映像が解禁となり、いままで謎のベールに包まれていた超巨大怪獣の姿がついに明らかに。さらに、主演の山田、ヒロインの土屋太鳳のほか、濱田岳、オダギリジョー、西田敏行が出演していることが明らかになった。

【動画】映画『大怪獣のあとしまつ』特報映像

 暴れ狂う大怪獣に、逃げ惑う人々。突如、ヒーローが現れて世界を救う――。それは、子どもの頃に誰もが憧れた、特撮映画でお決まりの展開。しかし、倒された怪獣の死体処理は、果たしてどうなっていたのか? そんな 「誰もが知る“巨大怪獣”の、誰も知らない“死んだ後”の物語」を史上初めて描く本作。監督・脚本は、ドラマ「時効警察」シリーズなどで知られる三木聡が務める。

 怪獣の雄叫びから始まるド迫力の特報映像に現れた超巨大怪獣は、東京ドームの約1.5倍にあたる最全長380メートル(頭から尻尾まで)、さらに全高155メートル(つま先から胴体まで)のスケールで、あのゴジラを凌ぐ“邦画史上最大級”。

 人々を苦しめた大怪獣がいなくなり、平和な世界に戻ったはずが…今度は死体が爆発したら国家崩壊の緊急事態に!? 荒廃した街や、市民によるデモの様子など緊迫したシーンなど、特撮ならではのスケールと切迫した映像に本作への期待が高まる空想特撮エンターテインメントのガチ感満載の内容となっている。

 特務隊員の帯刀アラタ(山田)は国家の危機を救うため、巨大怪獣の死体を“あとしまつ”できるのか?

 なお、濱田は、雨音ユキノ(土屋)の夫で、真相究明のために暗躍する総理秘書官・雨音正彦役。「時効警察」シリーズで主演を務め三木聡作品に常連のオダギリは、レッドヘアが特徴的で元特務隊であり爆破処理のプロ、ブルース役。西田は、未曽有の難問に立ち向かい翻弄される内閣総理大臣・西大立目完役を演じる。

 西田と濱田は『釣りバカ日誌』以来のコンビとなり、三木組で再びツーショットに収まることに。また、なにやら意味深なバンクシー風の怪獣イラストの場面写真も公開された。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ