プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『DUNE/デューン 砂の惑星』吹替声優・入野自由がナビゲート、ティモシー・シャラメの魅力

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』(10月15日公開)主演のティモシー・シャラメの吹替を担当する入野自由(撮影:松尾夏樹) (C)ORICON NewS inc.の画像

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』(10月15日公開)主演のティモシー・シャラメの吹替を担当する入野自由(撮影:松尾夏樹) (C)ORICON NewS inc.

 2021年最大の超大作『DUNE/デューン 砂の惑星』(10月15日公開)の日本語吹替版で、主人公ポール・アトレイデスを演じるティモシー・シャラメの吹替を担当する入野自由。ティモシーが21歳でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞の主演男優賞にノミネートされ、一躍スターの仲間入りを果たした『君の名前で僕を呼んで』(2017年、日本公開は18年)以来、ティモシーの吹替を担当して、『DUNE/デューン 砂の惑星』が5作目となる入野が、“俳優ティモシー・シャラメ”の魅力をひも解く。

【画像】『DUNE/デューン 砂の惑星』予告編や場面写真

――まもなく日本で公開される『DUNE/デューン 砂の惑星』ですが、完全な映像化は不可能と言われ続けてきた、壮大なスケールの世界観を持つ伝説のSF小説の映像化ということで大変注目を集めている作品ですが、試写をご覧になっていかがでしたか?

【入野】アフレコ前に試写を観させていただきましたが、これは大きなスクリーンで観るべき映画だな、と思いました。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がこだわり抜いた映像美は、僕がここ最近に観た映画の中でも断トツの迫力でした。「これ、どうやって撮ったの?」という驚き、映像世界は日々、進化しているんだな、というのに圧倒されたことを覚えていますが、それは上映がはじまった最初のうちで、あとはもう映画の世界に埋没していました。自分も砂嵐の中にいるような気持ちにもなりましたし、まさに体感型の映画だと思いました。吹替を担当させてもらっていますが、シンプルに彼のファンでもあるので、ティモシー・シャラメを大画面で観る喜び、というのもありました。

――本作でティモシーが演じるのは、“未来が視える”能力を持つ青年、ポール・アトレイデス。その惑星を制する者が全宇宙を制すると言われる、過酷な“砂の惑星デューン”への移住を機にアトレイデス家と宇宙支配を狙う宿敵ハルコンネン家の壮絶な戦いが勃発。砂の大地には巨大なサンドワームと呼ばれる怪物が潜み、襲って来るその星で“命を狙われるひとりの青年”ポールが宇宙の平和のために立ち上がる物語。吹替収録で印象に残っていることは?

【入野】吹替って常々難しいなと思います。映画は完全に出来上がっているわけですから、観客が映画に集中できないような吹替になってしまったら台無しになってしまうので、責任重大だと思うんです。その俳優が持っている雰囲気や空気感、監督が表現したいもの、作品のカラーや匂いみたいなものを日本語で違和感なく伝えられるかが、難しいところなんですが、責任を持って最後まで寄り添っていくことをいつも心がけています。

 今回のポールは、お父さんやお母さんに甘えているようなところがある少年から、いろいろな経験をして、最後にはある覚悟を持つところまで成長していく。ポールの成長を感じてもらうことが重要になってくるのかな、と思いましたが、それも特に意識して吹替をしたというより、寄り添っていくうちに自然とそうなっていったと思います。

――『DUNE/デューン 砂の惑星』を含めて5作品でティモシーの吹替を担当されましたが、彼の特徴だと思うことは?

【入野】作り込んで何か違うものになろうとしている感じではなく、いつも自然体でありのまま、等身大で演じている印象を受けます。なので、僕自身も気負わず、ありのままの自然体で臨んでいます。

――『君の名前で僕を呼んで』で初めて吹替を担当することになった時のことを教えてください。

【入野】『君の名前で僕を呼んで』でティモシーのことを初めて知り、ファンになりました(笑)。男性女性に関わらず魅了されるルックスをしていますし、当時ティモシーは20歳ぐらいでしたが、大人でも子供でもない曖昧な年頃の心の機微を巧みに表現していて引き込まれました。

――5作品を通して気付いたティモシーの変化は?

【入野】生来の色気を持っている人だと思うのですが、それがどんどん洗練されていっている感じがします。どの作品もティモシーでありながら、ティモシーではない。それぞれの役で色気の出し引きをコントロールしているような感じがあるんですよね。ほんとに魅力的で、謎めいた俳優だと思います。

――『DUNE/デューン 砂の惑星』の後も話題作への出演が目白押しです。

【入野】吹替をやらせていただいていることで、勝手に親近感を覚えているというのもあるんです。ファンでもあり、自分ではないけど、自分のことのように、彼の活躍をうれしく思うこともあり、この先もいろいろ作品に出演されていくと思いますが、自分も関わっていたいなと強く思います。彼と一緒に歩んでいる気持ちもありますし、歩んでいきたいです!(笑)。

■入野自由が吹替を担当したティモシー・シャラメの出演作品

●『君の名前で僕を呼んで』(2017年)
 1980年代のイタリアを舞台に、17歳と24歳の青年が織りなすひと夏の情熱的な恋の行方を、美しい風景とともに描いたラブストーリー。

●『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』(2017年)
 1991年が舞台。父親を亡くし、立ち直れずにいた少年の人生を大きく変える、ひと夏の物語。

●『ビューティフル・ボーイ』(2018年)
 成績優秀でスポーツ万能、将来を期待されていた少年が、ふとしたきっかけでドラックに手を出してしまう。更生施設に入っても再発を繰り返す少年を大きな愛と献身で見守り包み込む父親。実話に基づく愛と再生の物語。

●『ストーリー・オブ・マイライフ/私の若草物語』(2019年)
 南北戦争時代に生きるマーチ家の4姉妹が織りなす物語。ティモシーは、主人公の次女ジョーに想いを寄せる幼なじみローリーを演じた。

●『DUNE/デューン 砂の惑星』(2021年10月15日公開)
 全宇宙から命を狙われる、たった一人の青年、ポール・アトレイデス。彼には“未来が視える”能力があった。宇宙帝国の皇帝からの命令で一族と共に、その惑星を制する者が全宇宙を制すると言われる、過酷な<砂の惑星デューン>へと移住するが、実はそれはワナだった! アトレイデス家と宇宙支配を狙う宿敵ハルコンネン家の壮絶な戦いが勃発。父を殺され、巨大なサンドワームが襲い来るその星で、ポールは全宇宙のために立ち上がるのだが…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ