プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

前田敦子、クリエイター支援プロジェクト参加に喜び「登竜門になったら」

クリエイター支援プロジェクト参加に喜びを語った前田敦子 (C)ORICON NewS inc.の画像

クリエイター支援プロジェクト参加に喜びを語った前田敦子 (C)ORICON NewS inc.

 女優の前田敦子が12日、都内で行われた映画製作プロジェクト『DIVOC-12』(読み方:ディボック-トゥエルブ)公開記念舞台あいさつに登壇した。

【全身ショット】透け感スカートを着こなす前田敦子

 本作は、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントによる、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けているクリエイター、制作スタッフ、俳優の継続的な創作活動を支援するプロジェクト。

 完全オリジナルストーリーとなる12本の映画が集結し、12人の監督それぞれの個性が見事に作品に昇華された仕上がりとなっている。本編は、藤井道人監督チームで表現した“成長への気づき”、上田慎一郎監督チームの“感触”、三島有紀子監督チームの“共有”と各チームのテーマがそれぞれの作品の根底にしっかりと流れたものになっており、監督とキャストの個性が縦横無尽に作品の中を駆け巡っている。

 この日は、三島監督チームから山嵜晋平監督、齋藤栄美監督、加藤拓人監督も登壇。加藤監督作に出演した前田は「とっても夢のあるプロジェクトだと思いました。コロナ禍にチャレンジしてすてきですし、映画ってこういうことができるから夢が広がっていく。今回のプロジェクトに参加させていただきうれしかったです」と喜びを語った。

 さらに「映画は映画館で見てもらうのが一番の喜び。これが第2弾、第3弾と続き、みなさんの才能が目に触れる機会ができて(若手クリエイターの)登竜門になったらうれしいです。ぜひ、推しの作品を見つけて、みなさんで大きくしていただけたら」とアピールした。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ