プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『最後の決闘裁判』NYプレミア、ロマンス再燃で話題のジェニファー・ロペスも来場

ベン・アフレック、ジョディ・カマー、マット・デイモン=映画『最後の決闘裁判』(10月15日公開)ニューヨークプレミアにての画像

ベン・アフレック、ジョディ・カマー、マット・デイモン=映画『最後の決闘裁判』(10月15日公開)ニューヨークプレミアにて

 アカデミー賞脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のマット・デイモンとベン・アフレックが24年ぶりにタッグを組んで参加した脚本を、 アカデミー賞作品賞を受賞した『グラディエーター』などのリドリー・スコット監督が映画化。マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレック、そして2019年にエミー賞主演女優賞を受賞した注目の女優ジョディ・カマーをキャストにそろえた映画『最後の決闘裁判』が15日に日米同日公開となる。

【画像】ラブラブなベン・アフレック×ジェニファー・ロペス

 これに先駆け、現地時間10日にニューヨークで開催されたプレミアイベントの写真が到着。会場には、べネチア国際映画祭のレッドカーペットでも2ショットを披露し、世界中の話題をさらった、騎士たちの運命を揺さぶる主君ピエール伯を演じたベン・アフレックと、交際中のジェニファー・ロペスの姿も(この2人はかつて婚約まで至ったが破局。今年になってよりを戻したことで話題に)。集まったメディアの前で見つめ合う様子をみせ、終始仲睦まじい姿と共に映画をアピールした。

 さらに、世紀の決闘裁判に挑む騎士カルージュを演じたマット・デイモンも妻とともに登場し、ベン・アフレックと3人で談笑する貴重なショットも到着。劇中では騎士カルージュとカルージュの主君ピエール伯として対立する間柄でありながら、プライベートでは長年の親友同士であり、本作では24年ぶりに共同脚本に挑んだ2人ならではの強い信頼関係を伺わせる特大の笑顔を見せている。

 マットは本作の脚本制作において、黒澤明監督の『羅生門』からインスパイアを受けていることを明かしており、今回のイベントでは「映画は3つの視点から語られていて、まず2人の男性(カルージュとル・グリ)の視点で話を導き、観客を2人の男性の間にある選択に引きつけ、そして2人の話では完全に無視されていた女性の世界(マルグリットの視点)を明らかにする、というアイディアでした。当時は、あるいは映画全般でその傾向があると言えるのですが、女性は個人ではなく(夫もしくは父親の)所有物とみなされていたため、彼女の視点で描かれる第3幕こそが、客観的真実になると思ったんです。なぜなら、彼女だけが、自分自身が人間だと理解して物語を語っている唯一の存在だからです。それが脚本の構造のアイデアでした」と、史実の中でも埋もれてきた女性視点の物語を、最大限効果的に描き出す手法として3部構成を用いたこと明かしている。

 24年ぶりに共同脚本に挑んだベンは「マットと一緒に仕事することは楽しかったですし、この映画をとても誇りに思っています」と製作の裏側を振り返りながら、その出来栄えを力強くアピール。共演者であり、本作でも特に重要な役どころであるマルグリットを演じたジョディ・カマーとル・グリを演じたアダム・ドライバーに対し「ジョディは素晴らしく、アダムは本当にすごい。登場人物の視点で描かれる物語の中では、演技の微妙な差によって本当の物語が現れてくるので、とてもデリケートな表現力が必要だったんです」と絶賛した。

■ジョディ・カマー、同一人物を視点の違いで演じ分け「とても楽しい体験でした」

 女性が声を上げることのできなかった時代に立ち上がり、裁判で闘うことを決断した勇気ある女性マルグリットを演じたジョディ・カマーは、シックなブラックのドレスで登場。劇中、信念を曲げることなく闘い抜いたマルグリットの強さを彷彿とさせる、凛とした姿で人目を引いた。

 ジョディはマルグリットを演じる上で、自分自身でもマルグリットという女性がどんな人物だったのかリサーチを重ねたそう。その中で「この役について調べていくにつれ、男性に関しては多くの情報が残されているのに対し、女性に関しては残された情報がとても少ないということにとても驚かされました」といかに女性の立場が無視されてきたのか、その事実にショックを受けながらも、「マルグリットという役を演じることで、この女性に“声”を与えることができるという点にとてもひかれたんです。彼女の立場に正義を与え、その物語を語ることはとても光栄でした。自分自身も励まされたし、皆さんにもそう感じてもらえたらうれしいです」とマルグリットという実在した女性へのリスペクトを明かしている。

 原作を読み、映画化を熱望したマット・デイモンも、マルグリットという実在した女性に対し「彼女は今まで聞いたことがないような素晴らしいヒーローで、知った瞬間に映画にしたくなるような人物です。彼女が持っていた信じられないほどの勇気、彼女が戦っていたもの、そして彼女が取った行動は本当に素晴らしく、讃えられるべきものなのです」と最大の賛辞を贈っていた。

 そんなマルグリットを演じるにあたり、3人の視点で物語が語られる3部構成を用いた本作では、同じせりふの同じシーンを絶妙な演技で演じ分けなければならない。ジョディは「男性たちがそれぞれに思っているマルグリットを表現して、差し出していかなければいけなかったんです。その時、その時に彼らが必要としたマルグリット、という意味でもありますよね。誰かが私にこうあってほしいと思っている姿を演じ分けるなんて、たいていの映画では必要ありません。そういう意味ではとても楽しい体験でした」と当時の撮影を振り返り、共演者も舌を巻くほどの離れ業を“楽しみながら”やってのけたようだ。

 映画の公開を直前に控える中、エグゼクティブ・プロデューサーとしても名を連ねるマットは「原作を見つけた瞬間、『デュエリスト/決闘者』を思い浮かべました。それがリドリー・スコット監督の初めての作品だし、誰も彼のように中世フランスの世界を構築することはできない上に、一連の作品で素晴らしく、そして強い女性の演技を提示してきていますから。彼なら最高の仕事ができると考えました」と83歳にして、エネルギッシュで挑戦的な新作を続々と発表し続けるリドリー・スコット監督と作り上げた本作に絶大な自信をのぞかせていた。

■マット・デイモン×ジョディ・カマー、迫力の演技が堪能できる本編シーン公開

 1386年、百年戦争さなかに実際に執り行われたフランス史上最後の“決闘裁判”は、600年以上経った今もなお、この“決闘裁判”における判決が歴史家たちの間で物議を醸している、世紀を越えたスキャンダル。本作は、史実としていまだに真相不明なフランス最後の決闘裁判の行方を、“三者三様”の視点から描き出し、『羅生門』的手法を用いた〈実話〉ミステリー。

 舞台は14世紀フランス。権力と地位を求めて苦闘する騎士ジャン・ド・カルージュ(マット・デイモン)の美しき妻マルグリット(ジョディ・カマー)が、夫の友人であり、宮廷から寵愛を受ける家臣ジャック・ル・グリ(アダム・ドライバー)に乱暴されたと訴える。だがル・グリは無実を主張し、目撃者もいない。真実が藪の中へと消えかけたとき、マルグリットの生命を賭けた闘いは、“決闘裁判”へと委ねられた。

 マット・デイモン演じる騎士・カルージュとその妻マルグリットが、決闘裁判の是非と、負ければ双方共に残酷な死が訪れるという絶望の淵に立たされ、激しく感情をぶつけ合う緊迫感あふれる本編シーンが公開されている。周囲には噂話をささやきながら、二人を一瞥する野次馬たちが控え、孤独の中で“決闘裁判”に挑むカルージュと、周囲からの辱めの視線や圧迫に負けず、自分の信念を貫き通すマルグリットの勇気と覚悟を感じられるシーンだ。

 映像内では、マルグリットがカルージュに対し「負けたらどうなるか知りながら、黙ってたのね」と厳しく問い詰める一幕が描かれ、続いて、「私の赤子の運命を決めるのは神じゃない」とマルグリットが妊娠している事についても明かされる。決闘に負ければ「この子は両親を失うのよ」と自身の命以上に、生まれくる新しい命のために心を砕くその姿は、母としての優しさと強さがにじみ出ている。

 このシーンでは、せりふの応酬のみで派手な動きが無いにも関わらず、マット・デイモンとジョディ・カマーによる迫力の演技がさく裂。緊張感、恐怖、絶望、怒り、悲しみが押し寄せる様が鮮明に切り取られており、アカデミー賞主演男優賞、助演男優賞へのノミネートを果たし、ハリウッドで今日もっとも尊敬される俳優のひとりと評価されるマット・デイモンと、エミー賞主演女優賞(ドラマ部門)および英国アカデミー賞主演女優賞(ドラマ部門)を受賞し、リドリー・スコット監督の新たなミューズとして話題作への出演が続く、今最も注目の最旬女優ジョディ・カマーの競演を堪能できるシーンでもある。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ