プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

Ado『ドクターX』主題歌担当 米倉涼子「この曲で勢いをつけてもらいたい」コラボビジュアル公開

テレビ朝日系木曜ドラマ 『ドクターX~外科医・大門未知子〜』新シリーズ主題歌にAdo「阿修羅ちゃん」が決定の画像

テレビ朝日系木曜ドラマ 『ドクターX~外科医・大門未知子〜』新シリーズ主題歌にAdo「阿修羅ちゃん」が決定

 メジャーデビュー曲「うっせぇわ」が社会現象を巻き起こした歌い手・Adoが、14日スタートのテレビ朝日系ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(毎週木曜 後9:00※初回は15分拡大)の主題歌「阿修羅ちゃん」を担当することが決定した。主演の米倉涼子は「テイストとしては、パワフルな感じで歴代のドクターXの主題歌の流れを引き継いでいるなと思いました。私たち、出演者の年齢層が高いドラマなので、この曲ですごく勢いをつけていってもらいたいですね」と期待を寄せる。

【写真】第7シーズンでも変わらない美脚の米倉涼子

 ゴールデンタイムのドラマ主題歌の起用はAdo自身にとって初めてとなる「阿修羅ちゃん」は7曲目のオリジナル曲で、詞曲・編曲をボカロP・Neruが担当。音源初解禁はドラマ初回で、28日から配信される。

 今回の主題歌決定に伴い、Adoのアーティスト写真などを手掛けるイメージディレクター・ORIHARA描き下ろしによる大門未知子×Adoのコラボビジュアルも公開。米倉はイラストを見て「Adoさんは髪の毛ロングで強めの女の子なのかな?歌を聞いたり歌詞を見ると、いさぎが良くて、どっちかというと大門未知子寄りのキャラクターなのかな?と思います。そして上手~!よく私あのポーズする、と思って。ありがとうございます!」と感想を語った。

 10年目に突入、2年ぶりに復活する第7シリーズとなる本作の舞台は、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、新局面を迎えた日本最高峰の大学病院“東帝大”こと東帝大学病院。今や感染治療と内科を最優先し、不要不急の外科手術は延期する方針に。かつて花形だった外科は別棟の分院へ追いやられ、メスを使わないケミカルサージェリーを推進する内科が台頭の兆しを見せていた。そんな感染危機と新たな権力が渦巻く東帝大に舞い戻った未知子は、まるで戦場のように疲弊しきった医療現場でもひるむことなく己の道を突き進む。

 米倉とAdoからコメントも到着した。

●米倉涼子コメント
・主題歌を聞いてどう感じられましたか?
【米倉】テイストとしては、パワフルな感じで歴代のドクターXの主題歌の流れを引き継いでいるなと思いました。
私たち、出演者の年齢層が高いドラマなので、この曲ですごく勢いをつけていってもらいたいですね。
医療現場のシーンではネガティブな部分もある中で、彼女の勢いに乗ってこのドラマも勢いにのりたいなというのが(視聴者に)伝わる、この曲で背中をおしてもらっているという感じがあります。
最初聞いた時、歌詞は何を言っているかはわからなかったんですけど(笑)、「えすけいぷ」とか、「すきっぷ」とか、ひらがなで書いているところが面白い。
曲のタイトル「阿修羅ちゃん」というのは、どんな時でも立ち向かう守護神、という意味でつけてくださったのかな?と思いました。
せっかくだから私も歌えるように口が回るように頑張ってみようかな。
発声練習しときます!

・放送で曲は解禁となりますが、視聴者の方々にどんな期待をこめて聞いてほしいですか?
【米倉】実は先に主題歌だけがついた編集段階のものを見させてもらったんですけど、それだけで「ドクターX見た!」っていう感じになりました。
すごくドラマの世界観とマッチして、相性がいい気がする!
「本当にありがとう!」って思いました!

・Adoさんに対してはどのようなイメージを持たれていますか?
【米倉】まったくわからない(笑)。
でも18歳ですよね。実際に彼女の世界に惹きこまれましたし、姿は見ていないけれど、みんなが聴きたいと思うっていうのは、相当なエネルギーの持ち主なんだと思います。
でも、姿を現さないというのは、ここまできたらとことん貫いてほしいですね!
こっそり(ドクターXの)終わりくらいに会えちゃったりするのかな(笑)?

●Adoコメント
主題歌に選んでいただきありがとうございます。まさか自分がドクターXの主題歌を歌わせていただけるなんて光栄な限りです…。特に親がドクターXが大好きなのでとても喜んでいることかと思います。ぜひドラマと主題歌、楽しみにしていただけますと幸いです。「阿修羅ちゃん」はボカロPのNeruさんに詞曲・編曲をお願いして、とてもリズミカルでポップな楽曲を阿修羅とかき合わせた棘がある歌詞に注目していただきたいです。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ