プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

[Alexandros]“動くガンダム”の前でライブ 川上洋平「見たい気持ちを抑えつつ…」 『閃光のハサウェイ』興収22億突破

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』×[Alexandros]LIVE中継付き上映イベントより(C)河本悠貴の画像

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』×[Alexandros]LIVE中継付き上映イベントより(C)河本悠貴

 ロックバンド・[Alexandros]が10日、横浜・山下ふ頭で18メートルの“動くガンダム”期間限定開催中の『GUNDAM FACTORY YOKOHAMA』内で、アニメーション映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』のスペシャルライブを開催した。

【ライブ写真】“動くガンダム”とコラボ演出を披露した[Alexandros]

 きょう11日に公開から、ちょうど4ヶ月となり、興行収入は22億962万8200円という大ヒットを記録している『閃光のハサウェイ』。[Alexandros]が歌う主題歌「閃光」もストリーミングとYouTube総再生回数で5000万再生を超え、楽曲としてもロングヒットを続けている。

 そんな中で、『閃光のハサウェイ』ライブ中継付き上映イベントが開催。中継先の劇場では、主人公のハサウェイ・ノアを演じる小野賢章からのコメントが届き、「閃光」に関して「ラストサビ前の『オーオー』というみんなで歌っているところが、みんなで頑張って行くぞ!というような気合いを感じていて、とても好きな部分です。すごくハサウェイの苦悩と一歩踏み出す勇気を歌詞からもすごく感じとれ、僕の中でも応援歌になっています」と特別な思いを語った。

 その後、横浜の中継に切り替わり、GUNDAM FACTORY YOKOHAMAの実物大“動くガンダム”RX-78F00の本イベント限定演出では、5月に期間限定実施された演出プログラム「ミノフスキー・フライト稼働実験」feat.『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』に続き、二度目の“稼働実験”に臨むメカニックたちの視点で舞台が展開。

 ガンダムの前にある大きなステージに[Alexandros]が登場し、「閃光」のイントロが流れると、ガンダムがゆっくりと膝をつく姿が。続いて「Beast」「Mosquito Bite」といった疾走感あふれるロックチューンを披露。「Beast」では川上がギターを置き、ステージ上を駆けめぐりながら歌い、全国の劇場で観ている観客に向けてカメラ目線でアピール。その間もガンダムは立ち上がり右手を挙げる姿や両手を空に向けている姿を見せた。また「Mosquito Bite」ではハサウェイがリーダーを務めるマフティーのマークが映し出されながら、迫力ある演奏を。そして最後「閃光(English ver.)」ではガンダムに花火が浮かび上がるようなプロジェクションマッピングの演出も施され、フィナーレを飾る力強い歌声、演奏とともにライブ中継が終了した。劇場では、マフティーのマークが多数浮かび上がるなどのARの演出もありガンダム尽くしの演出となった。

 ライブ終わりには、この日に初めてGUNDAM FACTORY YOKOHAMAに来たというメンバーにインタビューも実施。実際に近くで“動くガンダム”を見た川上は「めちゃめちゃ興奮しました、本当に動くのかなと半信半疑だったんですが、動きましたね。感動しました」。リアド偉武は「本当に迫力があるので、今日劇場で観た方にもぜひ生で見てほしいなと思いました」と語った。

 また、“動くガンダム”の特別演出、そしてその“動くガンダム”の前で演奏したことについて、川上は「貴重な体験をさせていただき、本当にありがたかったです。ただガンダムを背にしていたので、どうなっているんだろうと見たい気持ちを抑えつつでした(笑)。あとで収録したやつを見ようかなと思います」と笑わせる。磯部寛之は「豪華なセットで、マフティーのロゴも背負って、幸せでしたね。電光掲示板にも[Alexandros]と表示されていて、すごいうれしかったですね」と感慨深げだった。

 「閃光(English ver.)」について川上は「YouTubeでイングリッシュバージョンのMVを公開していて、外国の方からもコメントをいただいていて早く海外でもライブをやりたいなと思いますね。そしてMVは日本語もそうなんですけど、我々のマネージャーが作っているんです。『このMV最高だぜ!』とコメントに書かれているたびに喜んでいます」と裏話も明かした。

 そして、日本でも10月16日から各種配信サービスで『閃光のハサウェイ』の視聴が開始。白井眞輝は「本当に面白い映画なので、何十回何百回と見てほしいですね」とアピール。川上は「予習してからでも楽しんで観られると思います。僕の場合は、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』しか見てなかったんですが、そこから他の作品も見たりして、ガンダムシリーズはそうやって長い期間楽しめるので、独自の楽しみ方を発見していただければと思います」と呼びかけ、磯部は「コロナ禍で映画館に足を運ぶことができない人もいらっしゃると思います。16日からは家でご覧いただけるということで、楽しんでいただきたいなと思います」とメッセージ。リアドは「本当に何回も見てほしい作品ですね。注目度の高い作品なのでSNSでも考察をされていて、そういうのを読んでもう一度見ると、また違った面白さを発見できると思います。そこから『閃光(English ver.)』のMVも見ていただければなと思います!」と締めくくった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ