プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

酒井法子「碧いうさぎ2021」音源&写真をNFT出品へ

酒井法子が出演するフェイクドキュメントドラマ『プロデューサーK4』の1シーンの画像

酒井法子が出演するフェイクドキュメントドラマ『プロデューサーK4』の1シーン

 歌手・酒井法子(50)が新曲「碧いうさぎ2021」の音源と写真を「NFT」のオークションサイトに出品することが11日、分かった。

【写真】酒井法子、“ファミリー”森田健作と久々に共演

 酒井が8年ぶりにドラマ出演する『プロデューサーK4』(関口静夫プロデュース)の完成を記念し、プロモーションの一環として実施する。24日にユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で行われるプレミアム上映会・舞台あいさつの席上で中間発表をし、11月7日に終了する予定だ。

 同曲は1995年にリリースし大ヒットした「碧いうさぎ」のニューバージョンで、写真はドラマ内の1シーンを使用。NFT(Non Fungible Token)とはアートや音楽、コレクターズアイテムなど、唯一無二かつ代替不可能なデジタル資産にブロックチェーン上で所有証明書を記録し、固有の価値を持たせる非代替性のデジタルトークンのこと。

 米Twitter創業者ジャック・ドーシーCEOの“最初のツイート”のNFTが3億円超で落札されて話題になったが、日本でも最近、出品する動きが活発になっている。お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣(41)は新作絵本「みにくいマルコ」内のイラスト3点のデータを出品。そのほか音楽プロデューサー小室哲哉(62)やギタリストのMIYAVI(40)、BABYMETAL、PerfumeなどがすでにNFTを活用している。

 ちなみに、今年6月に出品したPerfumeがメンバーの振り付けを3Dデータ化したNFT第1弾の落札価格は約300万円だった。同ドラマの神崎茂監督は「とても良い作品・楽曲が出来上がったので、世間的な評価はどうなのかを知るため、試しに出品することにしました」とコメントしている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ