プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

「くそデブ時代」から劇的変化したTikToker、友だちとの比較に悩んだ学生時代…コスプレ活動が契機に

兵庫のゆーちゃんぽんの画像

兵庫のゆーちゃんぽん

 「くそデブ時代」と、学生時代の写真を投稿した兵庫のゆーちゃんぽんさん。“オタク垢抜けた選手権”のタグ付きで、現在までの容姿の変遷を披露した。コスプレやメイドカフェ店員など、さまざまな経験を積み、現在はTikTokでの発信など、多彩な活動をしている彼女に、過去の写真を投稿した理由や、現在に至るまでに味わった苦い経験などについて聞いた。

【写真】「なんでこんなに不細工なんやろ…」腫れぼったい目や歯並びが気になってうまく笑えなかった中学時代

■「なんで私はこんなにブサイクなんやろ」学生時代は友だちとの比較に苦しんだことも

――中学生の頃の写真から、現在に至るまでの写真を投稿していらっしゃいましたね。

兵庫のゆーちゃんぽん FF内でタグ付きのツイートが流行っていたのでやってみました。ただ、どのツイートを見ても「みんなもともとかわいいじゃん。絶対に私の方がヤバい!」と思って。“選手権”だったので、勝利するつもりでアップしました(笑)。

――当時、自分の容姿についてはどのように感じていましたか?

兵庫のゆーちゃんぽん 中学生の頃は、人生でいちばん自分のことを嫌いな時期でした。腫れぼったい目や、ホクロが多い肌、歯並びが気になって、うまく笑えなかったり…。すごくかわいい子と仲が良くて、一緒に写真を撮ったりするたびに、「なんで私はこんなにブサイクなんやろ」と悩んでいました。

――コスプレはいつ頃から始めたのですか?

兵庫のゆーちゃんぽん 高校に入ってからです。その頃から眉毛を整えたり、並行二重を作ったりと、おしゃれに気を遣うようになって、自分なりに「少しはかわいくなったんじゃないかな?」と思っていたんですけど、匿名で悪口を言われたりもしていました。

――嫌な思いも経験していた中で、ここまでがんばれた理由はありますか?

兵庫のゆーちゃんぽん メイドカフェでのアルバイトをしていたとき、容姿についてお客さんから褒めてもらえることもあって、それが自信になりました。コスプレも少しずつ褒めていただけるようになって、喜びを感じられたのが大きいかもしれません。この頃から、「もしかしたら、私はかわいくなっているのかも」と錯覚するようになりました(笑)。

■ダイエット代わりにひたすらダンス「今の容姿が一番好き」

――そして現在に至るまで努力を続けられたわけですね。

兵庫のゆーちゃんぽん 個人的には、いまの自分の容姿がいちばん好きです。周囲を気にせず、ごく自然に笑えるようになったし、友だちから褒めてもらえることも多くなってきたので、「今の自分がいちばんかわいい!」と思うようにしています。

――実際にどのようなことに取り組まれたのでしょうか?

兵庫のゆーちゃんぽん もともとダンスが好きなので、ダイエット代わりにひたすら踊っていました。あと、美顔ローラーなどのマッサージも効果があったと思います。それと、すっぴんのお肌をキレイに保つことも心掛けています。

――メイクも上達しているように見えます。

兵庫のゆーちゃんぽん メイクはコスプレ活動を通して勉強することが多かったですね。シェーディングやハイライトに関する知識は、コスプレをしていないとここまで身につかなかったと思います。本格的にメイクの勉強をしたい人は、いちどコスプレに挑戦してみるのもアリかもしれません。

■今なお残る“自分の顔が嫌い”という思い、「SNSでの活動が美意識向上のモチベーションに」

――TikTokでも活動されていますよね。

兵庫のゆーちゃんぽん はい。趣味でコスプレイヤーとして活動していましたが、推している界隈が変わったタイミングで卒業したんです。でも発信することは好きだったので、歌ってみた、踊ってみた、イラスト、ライブ参戦ブログなどをTikTokにアップしています。

――TikTokやSNSなどの発信を続ける理由は?

兵庫のゆーちゃんぽん アップした動画に「かわいい!」とか「ダンスがうまい」などといったコメントが届いたり、美容についての質問が来たときは、「もっとかわいくならなきゃ!」という気持ちになります。それがモチベーションになっているので、続けています。

――今はもう、ご自身の容姿が好きですか?

兵庫のゆーちゃんぽん 正直に言うと、「自分の顔が嫌い」という感情は、今でもしっかり残っています。でも、ひさしぶりに会う友だちからは「めっちゃかわいくなった!」と言ってもらえるので、成長はしているのかなと。まだまだ改善できる部分はあるので、もっとがんばろうと思います。

――そうした自信が、ゆーちゃんぽんさんの行動力にも繋がっているのでしょうね。それでは最後に「今後、挑戦してみたいこと」がありましたら教えてください。

兵庫のゆーちゃんぽん 中学生のころからずっと、歌い手や踊り手としての活動に憧れているんですけど、ひとりでやるのはちょっと心細くて…。同じ志の仲間を見つけて、いつかユニットを組んでの活動にも挑戦してみたい! というのが、いま現在の目標です。

取材・文=ソムタム田井

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ