プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【青天を衝け】「俺が、この渋沢栄一の父だ」 “とっさま”との別れに反響「憧れの父親像」

『青天を衝け』第30回「渋沢栄一の父」より(C)NHKの画像

『青天を衝け』第30回「渋沢栄一の父」より(C)NHK

 俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第30回「渋沢栄一の父」が、きょう10日放送された。

【場面写真】父の最期を看取る栄一や千代

 今回、大阪の造幣局に出張した栄一は、五代友厚(ディーン・フジオカ)と出会う。栄一は、これまでの恨み言をぶつけるが、カンパニーを立ち上げて日本の商業を魂から作り変えたいという五代の話に共感する。一方、新政府の首脳会議では、突然、西郷隆盛(博多華丸)が“まだ戦がたらん”と声を上げる。井上馨(福士誠治)は、“廃藩置県を断行せよ”との意思表示と理解し、栄一たちに極秘の任務を託す。残された時間はわずか4日…。そして、冬のある日、帰宅した栄一のもとに、父・市郎右衛門(小林薫)の危篤の知らせが届く…。

 危篤の知らせ後、栄一は急いで実家に戻る。そして市郎右衛門から「俺は、この渋沢栄一の父だ。お前を誇りに思っている」と告げられると、栄一も涙を浮かべ、父の最期を看取った。

 SNSでは「息子冥利に尽きる言葉」「本当に素晴らしくて可愛い人だった」「とっさまの言葉と生き様がいつも暖かくて好きでした!」「憧れの父親像でした」「小林薫さんの演技に引き込まれました」など、涙と絶賛の声が寄せられている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ