プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

窪塚愛流、父からの金言明かす ドラマの撮影現場で実践

『この初恋はフィクションです』リモート会見に出席した窪塚愛流(C)TBSの画像

『この初恋はフィクションです』リモート会見に出席した窪塚愛流(C)TBS

 TBSが史上初の“よるおびドラマ”としてスタートする『この初恋はフィクションです』(11日スタート 月~木 深0:40~0:55)のリモート会見が10日に行われ、飯沼愛、坂東龍汰、窪塚愛流、武山瑠香、赤穂華、三浦涼菜、りゅうが、飯塚悟志が出席した。

【集合ショット】キャスト陣が笑顔で作品をアピール

 ドラマは、企画・原案を秋元康氏が手掛け、脚本を『おっさんずラブ』シリーズ、『私の家政夫ナギサさん』『恋はDeepに』などで知られる徳尾浩司氏が担当。いつも学年1位の成績だが、恋愛に関してはクラスで1番奥手な高校2年生の主人公・倉科泉(飯沼)を中心とした、オリジナルの青春群像ラブストーリーを描く。

 イベントでは、生徒たちの担任を務める飯塚が進行を担当。それぞれの印象に関するトークなどで大盛りあがりとなり、アンケート企画では、意外な一面も明らかになったが、最後は飯沼愛が「不思議な転校生の正体がすごく気になるので、そこを楽しんでいただけたらと思います」と笑顔でアピールした。

 また、窪塚は父からの金言として「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」とのことわざを授かったと明かし「わからないことはとりあえず何でも聞こうと。この現場でも坂東さんに質問したりしています」とコメント。父からのアドバイスについては「ないです。話す時間がなくて…」と語っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ