プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

資生堂アンバサダー&『ペーパー・ハウス』のスペイン女優、『G.I.ジョー』で躍動

『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』(10月22日公開)バロネス(ウルスラ・コルベロ)の画像

『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』(10月22日公開)バロネス(ウルスラ・コルベロ)

 世界的な人気を誇るアクションフィギュアをもとに映画化され、ハイテクガジェットや特殊マシンを駆使し、世界を守る最強の戦闘エキスパートチーム“G.I.ジョー”と、世界支配を目論む悪の組織“コブラ”の戦いを描き、世界中でメガヒットを記録した大ヒットアクション映画「G.I.ジョー」シリーズ。その最新作『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』が10月22日より全国公開される。

【動画】ウルスラ・コルベロのオンラインインタビュー

 今作では、刀と銃を武器に戦う「G.I.ジョー」最強の戦闘能力を持つシリーズ人気No.1の漆黒の忍者ヒーロー“スネークアイズ”が主人公に。漆黒のマスクで正体を隠してきたスネークアイズの、謎に包まれたオリジンストーリーが初めて描かれる。

 しかも、ハリウッド映画史上最大規模となる日本ロケを敢行した作品としても注目されている。内閣府が初めて実施する、地域経済の振興等に関する外国映画ロケーション誘致に関する実証調査の対象作品として、2020年1~2月にかけて、東京、大阪、兵庫、茨城などで撮影が行われていたのだ。

■『ペーパー・ハウス』トーキョー役が“東京”へ「違う惑星みたい」

 この日本ロケに参加したキャストの一人が、スペイン・バルセロナ出身の女優ウルスラ・コルベロ。いまや、Netflixシリーズ『ペーパー・ハウス』(2017年)の「トーキョー役の女優」と言った方が通じるかもしれない。2021年資生堂「アルティミューン」のグローバルアンバサダーにも、宇多田ヒカルとともに選ばれている。

 Netflix作品の中でも大きな成功を収めた作品の一つである『ペーパー・ハウス』で国際的に評価を得たウルスラ・コルベロだが、スペイン国内のドラマや映画に出演し、多くの賞も受賞している実力の持ち主。ハリウッド映画デビュー作となった『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』では、“コブラ”の女スパイ、バロネス役を演じる。

■オンラインインタビュー

――実際に東京に来てどう思いましたか?

【コルベロ】すべてが最高だったわ。東京のことを知りたかったの。行きたい場所リストのトップ3の一つだった。だからこんなにすごい作品で、日本に来られてウソみたいだと思った。ものすごく楽しんだわ。日本の人も素敵だった。日本や東京は私の国(スペイン・バルセロナ)と全然違うの。違う惑星にいるみたいだった。エキサイティングで、日本食も最高だった。世界一好きな料理よ。最高の時間を過ごしたわ。撮影で滞在した2ヶ月の間にいろいろな場所に行ったけど、本当に楽しかった。どの瞬間も最高で一番の思い出は選べないわ。

――映画「るろうに剣心」シリーズの谷垣健治氏が、ハリウッド作品で初めてアクション監督を務めました。谷垣さんのアクション演出については?

【コルベロ】彼はいつも情熱的でいつもこんな感じよ。(両手を大きく開いて谷垣氏の真似をしながら)よし! 最高だ! スーパーグッド! 私は正直、疲れ切っていた。トレーニングがきつくて。でも健治を見ると安心できて、全部うまくいくと思えたわ(両手でサムズアップ)。彼はレジェンドでありすごい人よ。ファイトを見たけど彼は本当にレベルが違うもの。

――本作を経験したことで、あなた自身の中で何かしらの変化はあったでしょうか?

【コルベロ】もちろん。大冒険だったから。初めてのハリウッド作品で何もかもが新鮮に感じたわ。日本も初めてだったしね。世界中のすばらしい人々と撮影するのも初体験だった。一人で遠くへ来たのも、1日中英語を話すのも初めてだった。大変だったけど充実していたわ。

――日本の土産として買って帰ったものは?

【コルベロ】マグネット。ヘアアクセリーもたくさん買った。なぜかヘアアクセリーが大好きなの。あと、指輪も。本当にいろいろなものを買ったわ。何もかもが素敵だったから。お金を使い果たした(笑)。でも価値ある買い物だから後悔はないわ。

――ありがとうございました。

【コルベロ】アリガトゴザイマス、ドウイタシマシテ。

■『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』

 日本の闇の組織から、ある男の命を救ったスネークアイズ(ヘンリー・ゴールディング)は、秘密忍者組織”嵐影”への入門を許可される。嵐影の”3つの試練”を乗り越え、真の忍者となるスネークアイズだったが…。600年の間、日本の平和を守り続けた”嵐影”は、悪の抜け忍集団と国際テロ組織”コブラ”連合軍による攻撃にさらされ、危機に瀕していた。

 “嵐影”を壊滅させるべく、“忍者大戦”を画策するのが、“嵐影”を追われた最強の抜け忍、鷹村ケンタ(平岳大)。コブラの冷酷な女スパイ、バロネス(ウルスラ・コルベロ)は、鷹村と結託し、”嵐影”の危機に暗躍する。

(C)2021 Paramount Pictures. Hasbro, G.I. Joe and all related characters are trademarks of Hasbro. (C) 2021 Hasbro. All Rights Reserved.

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ