プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

柳楽優弥、スーパー塾講師を“完全再現” 『二月の勝者』原作者がガッツポーズ

『イントロ』より (C)日本テレビの画像

『イントロ』より (C)日本テレビ

 日本テレビの番組を新しい切り口で紹介する番組『イントロ』(毎週日曜深1:25~1:40 月~木 深0:54~0:59)。17日放送回には、俳優・柳楽優弥の主演ドラマ『二月の勝者 -絶対合格の教室-』(16日スタート 毎週土曜 後10:00)にスポットを当てる。

【動画】最強で最悪なスーパー塾講師・黒木蔵人(柳楽優弥)が始動

 今作は累計200万部以上の中学受験の実態をリアルに描いた人気マンガが原作で、主人公の最強で最悪なスーパー塾講師・黒木蔵人(柳楽)による、中学受験を舞台にした人生攻略ドラマ。井上真央、加藤シゲアキ(NEWS)らが講師役、ジャニーズJr.羽村仁成、山田花凛らが生徒役で出演する。

 今回のゲストは、原作マンガの担当編集を担当している、小学館『週刊ビッグコミックスピリッツ』編集部・加納由樹氏。作品の誕生秘話を問われると「5年前、最初に高瀬(志帆)先生にお会いしたときに『すごく面白いネタがあるんです』って言われ、それが中学受験だった」と回想し「中学受験というと、子どもが親の言うことを聞かされて詰め込みで授業を受けているイメージがあるかもしれないけれど、実際に話を聞いてみるとスポーツや芸術をやっている子どもと変わらない。一つの目標に向かって、仲間との友情があったり、いろいろな挑戦の中で成長していく。ホームランを打った子どもの笑顔と、解けなかった問題が解けた子の笑顔は全然変わらない。それくらい生き生きとした世界だと聞いて、これは面白い漫画になるな、と(直感しました)」と明かした。

 また、主人公・黒木を演じる柳楽のビジュアルは、MC佐藤真知子アナも「原作にそっくり!」と驚くほど。加納氏は「主演が柳楽さんに決まったというご連絡をいただいたとき、高瀬先生とリアルガッツポーズをしました」と裏話を披露し「こんなにうれしいことがあるのか、ってくらい大喜びしました。黒木は、実は塾でのキチッとした姿とオフでのちょっと崩れた姿の二面性を持つキャラクターなんですけど、特にだらけたところのイメージと、柳楽さんの『ゆとりですがなにか』(2016年)のときのちょっと砕けた無頼なイメージがぴったりだった」と太鼓判を押していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ